2019年2歳世代のリーディング キズナ産駒の巻き返し

2歳リーディング, 種牡馬コラム

キズナ産駒が逃げている2歳リーディング争い。
そろそろディープに迫られるかと思っていましたが、キズナ産駒が踏ん張っています。
ディープに詰められることもなく今週は3勝をあげて1位死守でした。

ランキングトップ20を見ていきましょう。

2歳リーディングを引っ張っている種牡馬は

順位種牡馬名出走頭数勝利頭数出走回数勝利回数入着賞金勝馬率AEI
1キズナ571510918208,862,0000.2631.75
2ディープインパクト36214522182,458,0000.5832.42
3ダイワメジャー45118512152,536,0000.2441.62
4エピファネイア531310413149,450,0000.2451.35
5ハーツクライ3286110145,557,0000.252.18
6スクリーンヒーロー235557124,658,0000.2172.59
7キンシャサノキセキ349769113,500,0000.2651.6
8オルフェーヴル477778104,557,0000.1491.06
9リアルインパクト297618103,940,0000.2411.71
10ロードカナロア40869899,824,0000.21.19
11ルーラーシップ46574581,100,0000.1090.84
12キングカメハメハ23636780,039,0000.2611.66
13ワールドエース20547676,610,0000.251.83
14ゴールドシップ24250374,899,0000.0831.49
15クロフネ27750771,750,0000.2591.27
16ヘニーヒューズ31555671,392,0000.1611.1
17ヴィクトワールピサ30570569,900,0000.1671.11
18ジャスタウェイ38470462,700,0000.1050.79
19ノヴェリスト30455462,284,0000.1330.99
20タートルボウル21444459,660,0000.191.36

キズナが1位死守

キズナ産駒が今週は頑張りました。3勝をあげて首位キープ
出走回数もエピファネイアと同じで100を超えてきました。
新種牡馬だけあって出走回数は多めですよね。
そんな中でもしっかりと実績をあげてきています。
既に重賞勝ち馬ビアンフェもいます。
あとはクラシックにどれだけ産駒を送り出せるかどうかでしょう。

ディープインパクトもこれから猛追

あと数年で見れなくなるディープ産駒ですが、このまま終わるはずがありません。
東京・京都開催になったらさらなる猛攻を見せてくるでしょう。
500万条件戦も増えてきますから、勝ち馬頭数の多さで一気に賞金を稼ぎそうです。
クラシックに乗りそうな馬も当然のごとくたくさんいそうですし、1位奪還も近いかも。

リアルインパクトの頑張り

意外な活躍を見せているリアルインパクトからも待望の2勝馬誕生です。
アルムブラストがカンナSを勝ちました。
リアルインパクト自身が息の長い活躍をしたので産駒も特徴を受け継ぐようなら、
種牡馬として相当な需要が見込まれますね。
重賞勝利もするようであれば来年の種付け数は飛躍的に伸びそうです。

ルーラーシップの勝ち馬率の低さ、ゴールドシップも

ルーラーシップが心配になるくらい勝ち馬率が低いですね。
ただ仕上がりが遅めな種牡馬でもあるので盛り返してくるかもしれません。

ゴールドシップは札幌2歳Sでワンツーのインパクトは大きかったですが、
この勝ち馬率ではホームラン種牡馬として見られて来年以降敬遠されてしまいそうです。
もう少し勝ち上がってくれないとオルフェーヴルと同じ道を歩みそうです。

せっかく後継種牡馬が多数のステイゴールド系統ですが、オルフェーヴル、ゴールドシップの
代表産駒2頭がこけてしまうと、ここで途絶えてしまう危険性もあります。
オーソリティなど素質ありそうな産駒がいるにはいますが、アベレージが低いとどうにも印象良くないですよね。
息の長い種牡馬生活を送って欲しいのですが・・・。

開催変わって順位変動はあるのか

さて10月になり東京開催が始まります。ここらへんで10月が終わったときの2歳リーディングを予想してみたいと思います。
現在ランキングが安定してきてはいますが変化は発生するのかどうか私の予想は。。。

1位:ディープインパクト
2位:キズナ
3位:ダイワメジャー
4位:ハーツクライ
5位:エピファネイア
6位:ロードカナロア
7位:リアルインパクト
8位:キンシャサノキセキ
9位:オルフェーヴル
10位:ルーラーシップ

ディープインパクトが10月はトップにたつと思います。
そしてロードカナロアが今年は不調ですが、そろそろエンジンがかかってきて盛り返しがあるとみています。
ハーツクライは素質馬がデビューしてくればエピファネイアは追い抜いていけそうです。
果たして10月にはどんな結果になっているでしょうか。

2歳リーディングを確認するなら以下サイトが一番いいです!
2歳リーディング

先週の2歳リーディングはこちら

2019年2歳世代のリーディング オルフェ産駒の真打誕生か