サイレンススズカ【音速の貴公子】 史上最高の逃げ馬

思い出馬


G1実績は宝塚記念の1勝のみと実績は他のG1ホースに比べると乏しいですが、
この馬ほど鮮烈に記憶に残る競走馬人生を送った馬はいないのではないでしょうか。

衝撃の新馬戦から途中スランプとなる時期もありましたが、
明け4歳での快進撃!そして予後不良となってしまった天皇賞秋まで。
今でもレース内容は思い起こせますし、毎日王冠の名勝負は何回見てもいいですねー。

サンデーサイレンス系の種牡馬として産駒を残せなかったのが惜しいですね。
それではサイレンススズカの戦績を振り返ってみたいと思います。
※年齢表記は現代にあわせた表記にしています

衝撃的な新馬戦とその後のヤンチャぶり

新馬戦は圧倒的なパフォーマンスでした。
その衝撃的なデビュー戦の後2戦目に選んだのが弥生賞。
1勝馬ながら2番人気に支持されましたが、ゲートをもぐりこんでしまうような形となって大出遅れ。
気性難が出てしまい惨敗。
しかし500万の自己条件で再び圧倒的なパフォーマンスを見せて、
ダービートライアルのプリンシパルSも快勝。ダービーに向かうも力及ばず負けてしまいました。

低迷後の連勝街道

3歳秋は神戸新聞杯から始動して2着になりましたが、天皇賞秋、マイルCSとG1戦線では惨敗続き。
不完全燃焼で3歳シーズンを終えることになりました。

しかし明けて4歳になってからがサイレンススズカの本格化でした。
バレンタインSで勝利してから連勝街道を進みます。
何より圧巻のレースだったのは金鯱賞。後続に10馬身差をつけての圧勝劇は今でも思い出せます。
宝塚記念も勝って名実ともに当時の中距離トップホースとなっていました。

圧倒的なパフォーマンスと最期

そして秋。毎日王冠は3歳のグラスワンダー、エルコンドルパサーが参戦して豪華メンバーでした。
レースではグラスワンダーがサイレンススズカを負かしにいこうとして返り討ちにあい。
直線でエルコンドルパサーが迫るもセーフティーリードを保っての快勝。
後にJCを勝つことになるエルコンドルパサーを子供扱いしたので恐れ入ります。

そして、、、天皇賞秋。レースを見ると今でも目頭が熱くなってしまうのですが、これはレースを見て欲しいです。
1000m通過が57.4という常識では考えられないペースで逃げたサイレンススズカ。
毎日王冠でも57秒台のペースで逃げて勝ちきっていますから問題ないという判断の逃げだったのでしょう。

結果は。。。予後不良となってしまいましたが、日本競馬史上でも記憶にずっと残り続ける快速逃げ馬としてこれからも語りつがれるでしょうね。

絶対に観てほしいレース

サイレンススズカのベストレースは間違いなく 毎日王冠 でしょう。
金鯱賞もインパクトありましたが、後のJC馬エルコンドルパサーにグランプリホースとなるグラスワンダーを子供扱いしたレース内容は圧巻の一言。
一度は観て欲しいレースですねー。