天皇賞・秋 レース予想[2019年] 近年稀にみる好メンバー

G1予想, レース予想

天皇賞・秋です。豪華メンバーが揃いましたねー。
アーモンドアイ、サートゥルナーリアの直接対決だけでもわくわくしますが、
そこにダノンプレミアム、スワーヴリチャードなど実績馬も参戦。
去年のダービー馬ワグネリアンもいるとなれば現在考えられる文句なしのメンバーでしょう。
さらに凱旋門賞組とリスグラシュー、ダノンキングリーまでいれば完璧ではありましたけどね。

こんなメンバーのなかでどの馬から入るかはみなさん悩ましいところでしょう。
どの馬からでも入れそうなメンバー構成だけに展開読み、枠順も関係してきそうですね。

有力馬分析

ダノンプレミアム

まずとりあげたいのは本命候補のダノンプレミアム。
休み明けで安田記念で16着大敗明けではありますが、ポテンシャルは現役でもトップくらすです。
特に2000mまでなら相当な強さを誇る馬だと思っているんですよねー。
弥生賞でのちのダービー馬ワグネリアンを子供扱い、今年の金鯱賞でもリスグラシューに完勝でした。
休み明けのフレッシュな状態が一番能力を発揮できるタイプとみています。

川田&中内田コンビは先週のヴェロックス、そしてダノンファンタジーとおなじ
川田騎手は3度目の正直となるかどうかですね。流れはよくないですが来るとしたらここでしょう。

母系にデインヒルが入っていた方がディープ産駒は前受けでしぶといです。ミッキーアイルとかですよね。
多少ペースがあがっても先行で押し切れる能力は持ち合わせています。
アーモンドアイ、サートゥルナーリアが好位で牽制しあってくれればさらにチャンスありです。
外国人ジョッキー全盛期ですが、ここらで川田騎手がリーディング1位の意地を見せてほしい。

アーモンドアイ

安田記念は負けて強しの内容でここでも最有力なのは間違いありません。
それでも何があるかわからないのが競馬。安田記念で負けるシーンはみなさんイメージできなかったと思います。
順調に走れば馬券圏内は堅いとは思いますが、高速馬場で前が止まらないようだとまたまた危険かと。
印は回しますが全幅の信頼を置けるかというと少し違うと見立てています。

サートゥルナーリア

神戸新聞杯の勝ちっぷりからも世代トップなのは間違いないですね。
それでも古馬相手にどこまでやれるかは未知数です。
弱点はダービーで見せたようなシーザリオ牝系の気性の荒さ。
あとは極限のスピード勝負&ペースがあがったときの持久力。
対応できるポテンシャルはあるとは思いますが、人気を考えるとこの馬は私は印を回せませんねー。

ワグネリアン

ダービー後は休みがちでパッとしない感じですよね。
札幌記念は先行して4着に破れてしまいました。
ダービーで先行して勝ってはいますが、この馬は差して持ち味が生きる馬と思うんですよね。
どんな競馬を見せてくれるかは楽しみです。

天皇賞秋の予想

◎ダノンプレミアム
○アエロリット
▲ユーキャンスマイル
△アーモンドアイ
△スワーヴリチャード

天皇賞・秋まとめ

ダノンプレミアムが本命ですが、レースを引っ張るアエロリットの粘りにも期待してみたいです。

ユーキャンスマイルはタフな流れになれば長距離戦の経験がいきるとみました。
最後に根比べになったときにスタミナに物を言わせた差しが決まるかも。
こういうときにシャーペンアップ系のするっと2着がありそうな予感

スワーヴリチャードは東京適性が高いので馬券圏内に来る可能性高いとみます。
アーモンドアイは説明不要。
サートゥルナーリアは危険性をダービーで感じたので無印勝負です!