天皇賞・秋 回顧[2019年] 怪物牝馬が圧勝

レース回顧

いまさらですが天皇賞・秋を振り返ってみます。
アーモンドアイの強さはすごいですねー。
これだけのインパクトある勝ち方を天皇賞で見せたのはジャスタウェイ以来ではないでしょうか。
3馬身差という結果を見れば圧勝といっていいでしょう。

見応えのあるレースだった天皇賞・秋

アーモンドアイの強さが際立ちすぎ

日本国内でこの馬に勝てる馬はいないと確信できる勝ち方でしたね。
安田記念は不利があって負けましたが、順調ならこれくらいのパフォーマンスは出せるんですね。
次走がどこになるか本当に楽しみですが、今年はあと1戦で終わりですかねー。

できれば来年も現役を続けてドバイでまた勝ってほしいです。
凱旋門賞はこの馬は向いていないと思うので、ドバイで引退でもいいかなと思います。
あとは無事に繁殖入りして子供たちに夢を託したいですよね。

ダノンプレミアムは現役最強の中距離ホース

この馬も安田記念の大敗が心配でしたが、全く問題なく復調していました。
中距離なら現役でも屈指の能力なのは間違いないです。
G1勝ちがまだ朝日杯のみというのは不運としかいいようがないです。

まともなら皐月賞、大阪杯くらいのタイトルは持っていたでしょうねー。
ディープインパクトの後継種牡馬として有力ですから、もう一つくらいタイトル取ってほしい。
来年の大阪杯か安田記念でのG1勝利を期待したいです。
マイルCS参戦という話もありますが、中2週は大丈夫なのかどうか。。

アエロリットは殊勲賞

アエロリットは本当にすごい馬です。
マイルから2000mで牡馬に混じってこれだけ走るのですから大したものです。
クロフネ産駒の牝馬としてはスリープレスナイト、ホエールキャプチャに並ぶ実績ですよね。
この馬も来年の春まで走って引退ですかねー。
牡馬に混じっても走れる力はありますが、勝ちきれるレースがあるかというと難しいかも。
なんにせよ無事に引退して繁殖入りしてほしいですね。

予想記事はコチラ