2019年2歳世代のリーディング 3位争いが激戦になるのかも

2歳リーディング, 種牡馬コラム

ディープインパクトがデイリー杯2歳Sも勝利して順調すぎます。
一気に賞金差が広がってきましたね。

3位争いはハーツクライ、エピファネイア、ダイワメジャーでの争い。
その下からロードカナロアも迫ってきました。
トップは不動となってきましたが、その下の種牡馬たちに注目です!

それではランキングを見てみましょう。

3位争いで抜け出すのは誰か

順位種牡馬名出走頭数勝利頭数出走回数勝利回数入着賞金勝馬率AEI
1ディープインパクト713411237420,084,0000.4792.56
2キズナ992120724326,782,0000.2121.43
3ハーツクライ461210517266,804,0000.2612.51
4エピファネイア802217123257,651,0000.2751.39
5ダイワメジャー581413816250,704,0000.2411.87
6ロードカナロア711313115183,871,0000.1831.12
7スクリーンヒーロー4799711179,124,0000.1911.65
8キンシャサノキセキ481212012159,765,0000.251.44
9オルフェーヴル681012712157,126,0000.1471.8
10ヘニーヒューズ541111114151,780,0000.2041.21
11リアルインパクト4599911149,098,0000.21.43
12ルーラーシップ7581368129,050,0000.1070.74
13キングカメハメハ41106511121,810,0000.2441.28
14ゴールドシップ378859121,423,0000.2161.42
15タートルボウル324765116,688,0000.1251.58
16ヴィクトワールピサ571012210110,800,0000.1750.84
17クロフネ428928106,300,0000.191.09
18ジャスタウェイ4971178105,631,0000.1430.93
19ワールドエース30678796,560,0000.21.39
20パイロ477107791,750,0000.1490.84

ハーツクライが3位に返り咲き

ディープ、キズナのワンツーはしばらくは安泰でしょう。
キズナ産駒もオープン級クラスはいますし2位のまま2歳リーディングを終えそうです。

注目は3位争い。
ハーツクライが今週は黄菊賞をシンプルゲームが勝ったこともあり3位に。
年末に向けては大物産駒が大舞台に出てきますから、質の高さで2位まで狙える位置にいます。

一方のエピファネイア今週は1勝のみと少しブレーキ。
重賞で賞金稼ぐ産駒がどれだけいるかで上位争いにとどまれるかが決まりそう。

ロードカナロアがやっと浮上してきた

3勝を挙げて6位まで順位をあげてきました。
去年はサートゥルナーリアがいましたが、今年は目立つ産駒がいないですね。
このまま終わる種牡馬ではないでしょうが、大物デビューが待たれます。

2歳リーディングを確認するなら以下サイトが一番いいです!
2歳リーディング

先週の2歳リーディングはこちら

2019年2歳世代のリーディング 面白い2位争いになってきた