朝日杯FS 回顧[2019年] ハーツクライの正統後継になれそうなサリオス

レース回顧

朝日杯FSはサリオスが完勝といっていい内容で勝ちましたね。
ハーツクライ産駒は大体古馬になってから完成してくる馬が多いですが、
早い時期からこれだけ完成度が高いのにはびっくりです。
これからどれだけ成長してくれるのか楽しみでしょうがないですね。

この世代は素質馬が多いので来年のクラシックは順調にいけば相当盛り上がりそうです。
コントレイル、マイラプソディ、オーソリティなど無敗の期待馬がこれからどんなレースを見せてくれるのか。
サリオスとの力関係はどうなのか興味はつきませんねー。

サリオスの距離適性は?

そのサリオスですが、マイル戦でここまで完璧なレース内容を見せているので、
距離が伸びてどうなのかが心配になりますね。
タイプ的にはダノンプレミアムに似たイメージを持つ人も多いでしょう。
しかし、母系にニジンスキーも入っているので距離は持つと思います。
レースセンスも抜群なので皐月賞→ダービーも当然本命候補で来年は進むでしょうね。

ただホープフルSの方が中距離向きの素質馬が多そうなので、
そことの力関係が今後どうなのかをみていきたいですね。

タイセイビジョンが今後進む路線は?

武豊の全G1制覇の夢がまたまたかなわずに2着に敗れてしまいました。
それでも力は示しており、この馬も来年は楽しみですね。
血統的には母系にスタミナたっぷりといった印象で、クラシックに向かってお面白そうです。

グランレイ、タガノビューティーの好走

展開がはまった感じがあるのがグランレイ。
後方待機で直線勝負の決め打ち競馬で3着と、大穴をあけるパターンの競馬がはまりました。
実力的にどうこうは次走以降の競馬をみてになりますねー。
今後の重賞でもしっかり好走できるかどうか。

タガノビューティーにもびっくりでしたね。
ダート2戦2勝のヘニーヒューズ産駒ということでアジアエクスプレスを思い出しました。
この馬はNHKマイル路線で面白いかもしれません。

ビアンフェは次走見直し必須

サリオスに潰された形になったビアンフェですが、直線半ばまで粘っていました。
先行するスピード能力はかなりのものをもっているので次走以降見直し必須でしょう。
1400mまでなら今後もいいレースができそうですよね。

なんにせよ強かったサリオス

レースを振り返ってみてもサリオスの強さが際立つ内容でしたねー。
もしコントレイルがホープフルS勝ったら最優秀2歳はどの馬がとるのかも注目ですね。