2019年2歳世代のリーディング ハーツクライが2位浮上

2歳リーディング, 種牡馬コラム

土壇場でハーツクライが2位に浮上してきました。
キズナとだいぶ差がありましたが徐々に詰め寄ってきて最終週の前で逆転
キズナ産駒はビアンフェが不発に終わり賞金加算がそれほどありませんでした。

ホープフルSではワーケアがハーツクライに控えていますが、キズナ産駒はハギノエスペラントと大穴。
最終週でどうなるか楽しみではありますね。

ホープフルSでリーディグ争いは最後

順位種牡馬名出走頭数勝利頭数出走回数勝利回数入着賞金勝馬率AEI
1ディープインパクト914416649597,844,0000.4842.53
2ハーツクライ561414622445,557,0000.253.07
3キズナ1192730431436,251,0000.2271.41
4ダイワメジャー681718421365,521,0000.252.07
5エピファネイア932822729316,446,0000.3011.31
6ロードカナロア881819622278,304,0000.2051.22
7ヘニーヒューズ651816223238,764,0000.2771.42
8キンシャサノキセキ641916719235,076,0000.2971.42
9スクリーンヒーロー561213914212,024,0000.2141.46
10オルフェーヴル891518318210,531,0000.1690.91
11ルーラーシップ911120611185,462,0000.1210.79
12キングカメハメハ54149717185,028,0000.2591.32
13ジャスタウェイ631216714178,214,0000.191.09
14タートルボウル3681089172,062,0000.2221.84
15リアルインパクト57913311162,298,0000.1581.1
16クロフネ501112412147,581,0000.221.14
17ヴィクトワールピサ601416114147,100,0000.2330.95
18ゴールドシップ4581249137,423,0000.1781.18
19パイロ521113811125,050,0000.2120.93
20ワールドエース3881089122,100,0000.2111.24

大幅ランクアップの種牡馬はいるのか

ほぼほぼ体制が決まった2歳リーディングではありますが、最後に逆転があるとしたらオルフェーヴルでしょうか。
ホープフルSではオーソリティが3番人気想定と有力です。
もし勝つようなら7位くらいまでランクアップしてきそうです。

キズナとエピファネイアの新種牡馬対決はひとまずキズナに軍配ですね。
重賞勝ち馬&G1連対馬を輩出していますから満場一致で現段階ではキズナの勝ちです。

しかしこれからクラシックでの活躍という点ではエピファネイアにも希望があります。
素質馬スカイグルーヴがその筆頭ですが、どれだけの産駒がクラシックに進めるのか注目しましょう。

種牡馬リーディングは群雄割拠の時代に突入

今年はディープインパクト、キングカメハメハと大種牡馬の訃報が続きました。
次世代のリーディング候補としてはロードカナロアが名前をあげてきていますが、
今年の2歳馬はパッとした馬がおらずに低迷しています。

おそらく層が厚いのはロードカナロアなのでしょうが、G1でコンスタントに活躍できるかというとまだ半信半疑。
新種牡馬のキズナ、エピファネイアにもチャンスはありますし、
来年以降はドゥラメンテ、モーリスなどの大物も種牡馬デビューしてきます。
ますます、種牡馬リーディングを見ていく楽しみが増えるということですね。
どんな産駒が登場するのか今から楽しみです!!

2歳リーディングを確認するなら以下サイトが一番いいです!
2歳リーディング