阪神大賞典 回顧[2018年]

レース回顧

天皇賞春に向けた重要なステップレース阪神大賞典の回顧です。

レース回顧

だいぶ遅いですが天皇賞春に向けた重要ステップレースです。
今年は京都記念を快勝したクリンチャーが人気でしたが、人気を裏切って3着。
勝ったのはレインボーライン。
去年の天皇賞秋で3着にきていたように地力の高さはある馬でした。
ステゴ産駒なので距離が長いのも問題なかったですね。
そもそも菊花賞2着があったので実績上位でもありました。
今年もG1での馬券がらみが期待できると思います。

2、3着に4歳馬サトノクロニクル、クリンチャー。
4歳勢でも3番手グループくらいの位置づけでしょうか。
G1で勝負になるかというと微妙な気もしてきました。

今後の展望

天皇賞春はこれに産経大阪杯組も加わって面白いメンバーになりますねー。
シュヴァルグラン、サトノダイヤモンドが入ってどこまで勝負になるか。
長距離戦は騎手も重要になりますからこちらも注目ですね。