AJCC、若駒S まとめて回顧 [2020年] 〜復調なったグランプリ馬〜

レース回顧

雪が降る降るといいながら関東はまったく雪の気配が見えないですね。
競馬が中止になるのは勘弁ですが、たまには雪が積もるところも見たいです。

先日のAJCCと3歳戦の競馬を振り返ってみようと思います。
まずはAJCCから見てみましょう。

今年も活躍が間違いなしのブラストワンピース

海外帰りということもあり半信半疑の1番人気だったブラストワンピースが快勝しました。
ハービンジャー産駒の1番馬としても今年もう一つくらいはG1タイトルが欲しいところですよね。
去年は負けた産経大阪杯ですが、今年も向かうことになるのでしょうか。チャンスは大きいと思います。
勝ったり負けたりを繰り返すリズムの馬なのでうまいこと好走ポイントにハマってくれるといいんですけどね。

2着のステイフーリッシュは以前ブログでステイゴールド最後の大物と取り上げるくらい注目していました。

ステイフーリッシュ ステゴ産駒最後の大物

その後の戦績からすると大物とはいかなかったですが、堅実な馬に成長してきましたね。
戦績的にはまだまだ物足りないですが、もう一回りパワーアップすれば天皇賞・春でもチャンスあるかも。

3着ラストドラフトはミッキースワローとともに追い込むも3着まで。
今後もG1でどうこう言える馬ではない気がしますが、ノヴェリスト産駒の代表産駒として重賞で存在感見せてくれそうです。

キズナ産駒からまたもやクラシック候補ケヴィン

先週はクリスタルブラックが破壊力ある末脚でクラシックに名乗りを上げましたが、今週もキズナ産駒から1頭でましたね。
1勝クラスで勝ちあぐんでいたケヴィンが積極的な競馬で若駒Sを勝利。
なかなかしぶとい競馬で今後重賞級でどこまで通用するかになりますが面白い馬だと思いました。

人気のラインベックは勝ってクラシックに弾みをつけたかったですが、ここでも惨敗。
ちょっとクラシック戦線の勢力図から一歩後退といった感じですかね。

エピファネイア産駒は牝馬が豊作か?シーズンズギフト

一方種牡馬としてライバル関係となっているエピファネイア。
こちらは先週のスカイグルーヴに続きシーズンズギフトが2連勝でクラシック戦線に名乗りでました。
両馬ともに牡馬混合戦で好走できるあたりタフさがあるということでしょうか。
血統的にはオークスで買いたいところですが今後のローテーションは注目しておきましょう。

キズナ産駒とエピファネイア産駒からみる勢力図

京成杯、若駒Sともに1、2、3着の種牡馬が一緒でしたね。
今後の種牡馬会を表しているかのような結果に個人的には思いました。

ディープインパクト産駒が徐々に減ってきて次に来る種牡馬は何かというのが今問われているところです。
そこでキズナ産駒、エピファネイア産駒がディープ産駒を破ってクラシックに向かうというのはその象徴でしょう。
本番ではコントレイルなど有力ディープは多数出走してきますから勝つのはまだまだ難しいかもしれません。
それでもロードカナロア産駒、キズナ産駒、エピファネイア産駒の三つ巴で争った方が面白い競馬がみれるし、種牡馬の多様性からもいいかなーと思います!!
是非是非今年のクラシックは種牡馬にも注目して見てみましょう。