川崎記念 レース展望[2020年] 狙うべきは穴

G1予想, レース展望

地方レースは普段あまり真剣に予想はしないのですが、今回は川崎記念を展望してみます。
チャンピオンズCを勝利したクリソベリルはいなくてゴールドドリーム、インティといったあたりも不在。
このメンバーならということでチュウワウィザードが圧倒的な支持を集めそうですがどうでしょうか。

あえて狙うべきは穴馬!

自分の予想スタンスとしては圧倒的人気馬がいるときはあえて穴馬から攻めるべきというのがあります。
1番人気が飛んだ時の配当が美味しい形になりますからね。
去年の有馬記念がいい例です。アーモンドアイが飛んで2、3番人気の決着にもかかわらずに馬連が2990円。

盲目的に人気馬を買うのではなく少し考えてかうだけで美味しい配当にありつける可能性は高まります。
人気馬がすんなりきても馬連1000円以下とかだと結局回収率はあがりませんからね。

目をつけたのは4歳馬

チュウワウィザードの実力は疑いようがないですが、大外枠と雨で馬場は相当悪くなりそうなのがキーポイントになりそうです。
気になったのはミューチャリー。ジャパンダートダービーでは3着と中央の馬と遜色ない力の持ち主です。
母系はブライアンズタイムにリファールと不良馬場歓迎といった血統構成。
実績は物足りなさすぎますが、4歳馬ということで勢いと成長力を買って見たいと思います。

相手にも4歳馬のデルマルーヴル。名古屋グランプリを勝って鞍上は乗れているマーフィー。
こちらも古馬一線級に入ってどうかという点になりますが、鞍上込みで買い材料は揃っています。
人気もそこそこなのでこちらが本命でもいいくらいです。

ケイティブレイブ、チュウワウィザードの実績馬2頭は外せないところ。
ケイティブレイブの方が勢いが落ちてきているので馬券圏外に沈む可能性は高そうです。

もう一頭穴馬をあげるならヒカリオーソですね。
逃げる可能性もありそうなので馬場悪化を味方にすればスルスルと残っている可能性もありそうです。

というわけで印は以下のような感じでいきます!!

◎ミューチャリー
◯デルマルーヴル
▲ケイティブレイブ
△チュウワウィザード
△ヒカリオーソ