シルクロードS展望[2020年] 差し馬を狙って万馬券

レース予想

今週から開催変わって東京と京都になりますね。
まだまだクラシックは先ですが、1勝クラス、未勝利馬にも可能性ある馬が隠れていそうなので
そういった馬を見逃さないように注意していきたいですね。

それでも短距離重賞として定着しているシルクロードSを見てみましょう。

高松宮記念までを見据えた予想を

ヴェロックスの登録にはびっくりしましたが回避のようですね。
ハンデがどれくらいになるか確認したかったのでしょうか。

先を見据えたレースでもあるので、そこが予想ポイントでしょうか。
モズスーパーフレア、ディアンドル、アウィルアウェイ、レッドアンシェルあたりの重賞で実績ある馬はここでどういう仕上げで来るかもみておく必要ありますね。

近年はミスプロ系が優勢なデータ傾向

2018年はアドマイヤムーン産駒がワンツースリーまで独占、サドンストーム、ティーハーフ兄弟の好走など、
血統的にはミスプロ系優勢でサンデー系は来るには来るもののそこまで信用ならずの傾向です。
人気のモズスーパーフレアからしたら心強いデータではないでしょうか。
開幕週なので先行するのもプラスに働きそうなので素直に買うならモズスーパーフレアしかないですね。

シルクロードSの注目馬は差し馬

開幕週なので先行馬と思いがちですが、モズスーパーフレアの存在があるので逆に差し馬が狙い目と見ています。

アンヴァル

出れれば面白いと思いますが、賞金的に出れなそうですかね。
去年は4着ですし京都競馬場は得意なコース。ロードカナロア産駒というのもいいですね。