根岸S、シルクロードS まとめて回顧 [2020年] G1への展望が見えてきた前哨戦

レース回顧

2月に入って東京開催に変わりました。
先日の重賞はともにG1につながる重賞ですから、早くも春G1を意識し始める季節になりましたね。
有馬記念が終わったのはつい最近な気がするのですが、早いものです。

それでは先週の重賞、根岸SとシルクロードSをまとめて回顧してみようと思います。
まずは根岸Sから見ていきます。

G1馬の実力はダテではなかったモズアスコット

スタートで少し出負けした感じがあったモズアスコットでしたが、すぐに取り付いて後方待機。
直線入るころには中団まで押し上げていましたね。
初ダートとは思えない砂さばきで完勝と言っていい内容でしたね。メイショウボーラーを彷彿とさせました。
こうなるとフェブラリーSも当然有力の1頭になりますね。
砂の強豪揃いのなか一気に頂点まで行けるかといったところ、今回のパフォーマンスを見る限りは可能性大と思います。

2着のコパノキッキングは完敗といえるレース。
フェブラリーSは去年は直線だけで5着にきましたが、勝ちはないと思える騎乗でした。
さらなる上積みがあるかというと微妙なので本番での評価は下げざるを得ないかと思います。

3着スマートアヴァロンは健闘の3着。
この馬もフェブラリーS云々というより舞台適性を生かした好走でしたね。

負けた馬からはフェブラリーSで巻き返しを図れるような馬もいないので、
やはり東海S組の方が上位扱いしておいて良い結果かと思いました。

4歳世代が台頭してきたアウィルアウェイ

ジャスタウェイ産駒のアウィルアウェイが待望の重賞制覇でG1へ向かいそうです。
展開もうまいことハマってくれた内容だったとは思いますが、高松宮記念でも先行馬を見ながら
好位で競馬できると思うので有力でしょう。

2着のエイティーンガールもファイナルSの勝ちっぷりが本物といえる好走。
3着ナランフレグとともに展開がハマった好走でした。
次走以降の扱いが難しいですが、相手次第といった面もあるかもしれませんね。
先行争いが激化すれば今回のような追い込みがまた炸裂するかもしれません。

逃げて負けたモズスーパーフレアは負けはしたものの次につながる負けかと。
先行して流れに乗れればしぶといところは見せていたので本番の巻き返しはあるでしょう。

1番人気のレッドアンシェルは怪我をしていたようで大差のシンガリ負け。状態が心配ですね。

キズナ産駒が相変わらず好調。穴もバンバン出してくる

アブレイズの京都2000m新馬勝ち。セントポーリア賞ではショウナンハレルヤが大穴を炸裂!
今週もキズナ産駒から目が離せませんでした。
1勝クラスの壁も乗り越えてくる産駒が多いので年明けの快進撃は想像以上でした。
クラシックに向けての手駒もどんどん増えてきている感じもするので、
今からどの馬を本番で買おうか目をつけておこうかと思うくらいですね。

ライバルのエピファネイア産駒も3歳重賞で出てくる馬が多いので負けじと頑張ってほしいです。
今のところ牡馬のクラシック候補が少ないのが意外な感じがしますね。

根岸S、シルクロードSの予想・展望記事はこちらでした。

根岸Sの予想[2020年] おすすめの穴馬はいるのか

シルクロードS展望[2020年] 差し馬を狙って万馬券