東京新聞杯、きさらぎ賞 まとめて回顧 [2020年] 桜花賞候補も誕生

レース回顧

週も半ばになりましたが、東京新聞杯、きさらぎ賞の回顧です。
エルフェンSでは桜花賞候補がまたもや誕生となかなか見所のある週だったと思います。

まずは東京新聞杯から見ていきます。

東京巧者のプリモシーンが快勝、今後が楽しみな4歳馬も注目

東京1600mなら強いプリモシーンが快勝しました。
去年のヴィクトリアマイル2着の地力を見せてくれましたね。今年のヴィクトリアマイルも当然有力です。
距離は1600mがベストといった感じ。相手次第ですが1600mなら今後も大崩れはなさそうです。

2着のシャドウディーヴァは成長してきたハーツクライ産駒。1600mにも適応できましたね。
本質的には中距離タイプだと思うので、今後はマーメイドSとか秋のエリ女が楽しみな馬。
マイルだと今回のようにスペシャリストにやられる危険性はありますよね。

クリノガウディーは朝日杯2着の実力馬。まだ重賞勝ちはないですが、そのうち勝てそうですね。
この馬もマイルがベストといった感じ。どんな競馬場でも適応できそうですよね。
基本は人気がないときに買う馬と思います。相手強化でも力負けしないしぶとさがあるので、
安田記念の注目馬としてチェックしておく必要はあるでしょう。

レッドヴェイロンは血統と戦績から人気になりやすい馬でしたが、ここは凡走。
人気薄の東京マイルでまた忘れずに買いましょう。
レイエンダは気難しい馬。好走するポイントがつかみづらくなってきましたね。

クラシックにつながらないきさらぎ賞となりそう

今の京都は馬場が特殊なので今後の参考にはならなそうなレース結果でしたね。
追い込んで届かずのアルジャンナはこれで評価を落とす必要はないですが、
基本人気になりやすいので常に相手で買っておきたい馬ですね。

買ったコルテンジアと2着ストーンリッジは位置どりがよかったですね。
この結果はクラシックに向けて繋がらないとみていますが、
先行できる馬は常にチェックの必要あるので皐月賞で人気しないようならといった感じ。
グランレイは今回の負けで一気に人気落ちるようなら次回以降狙えると思います。

桜花賞でもいい勝負しそうなデアリングタクト

後方から一気に突き抜けたデアリングタクトが快勝。
揉まれる競馬になったときがまだ未知数ですが、桜花賞も外枠なら有力なのは間違いなし。
レシステンシアに千切られた2着以下の馬より上に来る可能性は高いでしょう。
今後のローテーションに注目ですね。
エピファネイア産駒は年明け前まではどうなるかと思いましたが、
これでスカイグルーヴ、シーズンズギフトとクラシックに行けそうな馬が揃ってきました。
どこかのG1で馬券絡みはしそうなポテンシャルの馬ばかりなので楽しみですねー。