京都記念の予想[2020年] 牝馬中心のレースとなるか

レース予想

伝統の重賞、京都記念の見解です。
今年は牡馬は少し寂しいメンツですが、牝馬はクロノジェネシス、カレンブーケドール出走で、
新しい風がふいてくる感じですね。
頭数は少ないですが難解なレースになりそうです。それではみていきましょう。

牝馬2頭は買えるのか?ジャパンカップ後は危険かも

カレンブーケドールはG12着3回と実績は申し分ないですね。
しかしジャパンカップの後なので少し割り引きたい気もします。
というのもスワーヴリチャードは次走の有馬記念で見せ場なく惨敗でしたし、
レースレベルに少し疑問を持っているからです。

それなら秋の直接対決で勝利したクロノジェネシスを上位にとりたいですね。
京都競馬場も問題ないと思いますし、秋華賞を勝ちきった勝負強さを評価したいです。

穴は狙いにくレースになるかも

それ以外の馬ですが、頭数も少ないこともあり穴馬の台頭は考えにくいとみています。
あってもノーブルマーズ、ドレッドノータスあたりまで。
それより人気ない馬はそもそもの地力が足りなさそうです。

買いづらいけど勝負になりそうなのはクラージュゲリエですね。
クラシックで好走した地力は確かなもの、しかしキングカメハメハ産駒というのが気がかり。
地力はあるものの一線を退きつつある種牡馬がここで来るかというと疑問ですね。

結論、牝馬の実績を重視

◎クロノジェネシス
◯ノーブルマーズ
▲ステイフーリッシュ
△クラージュゲリエ

カレンブーケドールはジャパンカップ後のレースということで割引ました。
本命はクロノジェネシス。
エリ女は負けたものの、G1での実績は確かなもの。
このメンバーなら実力上位でしょう。

ノーブルマーズはここまでメンバー落ちすればG1で好走できていた力を見せてくれそう
ステイフーリッシュは去年2着であえて消す理由もなし。
クラージュゲリエまでが馬券絡み候補か。