京都記念、共同通信杯 まとめて回顧 [2020年] クラシックが見えてきた

レース回顧

先週は重賞が3つありましたね。春に向けての戦いが始まってきた感じがします。
重賞の結果も春G1を予想するうえで重要になってきそうです。
しっかり回顧して本番でどの馬を上位にとるかを見極めるようにしていきたいです。
それでは京都記念からの回顧です。

牡馬混合G1でも好勝負できるクロノジェネシス

エリザベス女王杯は負けてしまいましたが、ここでは地力上位を見せつける貫禄勝ちでしたね。
中距離がベスト距離で春目指すはまず大阪杯になるでしょうか。
カレンブーケドールを物差しにしたとしたら当然牡馬相手でも通用します。
メンバー次第ですが牡馬混合G1で馬券絡みする地力はありますね。
宝塚記念が条件的には一番合いそうな気もします。

2着のカレンブーケドールも力があるところを見せてくれました。
ただ善戦ウーマンのイメージが定着してきましたね。
どの競馬場でどんな競馬をしても2着までといった印象。
この後はドバイらしいですが頑張って欲しいですねー。

3着ステイフーリッシュはここが限界なのかなという着順。
G1だと展開のまぎれがないと上位進出は厳しいでしょう。

4着ノーブルマーズも見所ありましたが馬券には絡めず。
ほぼ人気通りの着順ですから順当な決着でしたね。

来るなら皐月賞かもダーリントンホール

ルメールが内から見事に差し切ったダーリントンホールが重賞制覇。
ガリレオ系なので東京の芝はどうかと思いましたが渋った馬場も味方しましたね。
来るなら重馬場くらいまでになった皐月賞でしょうね。高速馬場だと用無しの血統と思います。

2着のビターエンダーはオルフェーヴル産駒でなんとか重賞連対しました。
前日のホウオウピースフルが負けて、産駒の評価がさらに微妙な評価になりつつあるところでした。
それでも出来れば勝利が欲しかったところでしょうね。種付け数減少を止めるには重賞勝利が一番。
G1では今回の戦法をとったのでこちらも皐月賞でしょうか。東京向きなのかもしれないのでダービーの大穴でも一考。

3着フィリオアレグロはキャリアを考えれば走ったほうですね。
ただ地力的にはG1で勝負になるディープ産駒ではないように見えました。

マイラプソディは馬場を気にしたとのことですが、それでも強い馬ならもう少し上位に来れます。
現状の力ではクラシックから一歩後退した感じは否めないですね。

クイーンCの結果は桜花賞に直結!?

ミヤビザクラのレース巧者ぶりとマジックキャッスルの破壊力が際立ったレースでした。
特にマジックキャッスルの末脚は桜花賞向きですね。
ディープ産駒ですしファンタジーSの結果からみてもレシステンシアの対抗候補はこの馬でしょう。

ミヤビザクラは本番にはつながらないレース内容。
レシステンシアについていく競馬をしたら潰れると思いますし、福永騎手は本番を見据えた競馬をするべきでしたね。
それでも賞金稼げたのはオークスに向けては朗報です。桜花賞よりオークスで狙いたいですね。

予想記事は以下でした。

京都記念の予想[2020年] 牝馬中心のレースとなるか