フェブラリーS展望[2020年] 狙える血統とおすすめ穴馬は

G1予想, レース予想

2020年最初の中央G1となるフェブラリーS。
ゴールドドリーム、ルヴァンスレーヴといった一線級は出てこないのは寂しいですが、
去年の覇者インティ、芝からの参戦で一気に頂点を目指すモズアスコットと面白いメンバーが揃いました。

まだ出走馬は確定していませんが、今年の狙い所を見ていきましょう。

狙うべき血統はズバリ!ボールドルーラー系。次点でフレンチデピュティ

近年の好走馬を見るとゴールドドリーム、インカンテーション、ベストウォーリアが馬券絡み複数回あります。
過去に遡ってもテスタマッタ、サクセスブロッケンなどの名前も見れます。
血統を見るとわかるようにボールドルーラーを含んでいる馬が多いですよね。

ボールドルーラー系は問答無用で注意です。今年の出走予定馬からは

アルクトス
キングズガード
ダノンフェイス
デルマルーヴル
ノンコノユメ
ミューチャリー
ワイドファラオ
ヴェンジェンス

結構いますね。でもここから勝ち馬が出てきそうな気がしてきました。

アルクトス

昨年本格化してプロキオンS制覇、続く南部杯でもゴールドドリームに先着して2着。
地力はG1級なのは間違いないです。あとは休み明けとここ一番で頼りない田辺騎手がどうか。
血統的にアドマイヤオーラの血を後世に残して欲しいのでなんとかG1勝って種牡馬入りして欲しい馬ではあります。

ノンコノユメ

フェブラリーS常連となったノンコノユメももう8歳。ですが活力の衰えはありません。
昨年は安定した競馬をやってきました。リピーターとして再起なるか。

ヴェンジェンス

差し馬として定着してきましたね。インティが作る流れが合うのかみやこS、東海Sと先着しています。
東京競馬場に変わってどうかというところですね。

おすすめ穴馬は

地方馬のモジアナフレイバーは一発の魅力がありますね。
地方G1で上位に来ているので中央勢に見劣らない力の持ち主です。