大阪杯 回顧[2018年]

レース回顧

新G1で2年目となった大阪杯の回顧です。
前哨戦で初G1制覇の期待がかかったスワーヴリチャードが1番人気でした。
アルアイン、サトノダイヤモンドがそれに続く人気でした。
それではレースを振り返ります。

レース回顧

ヤマカツライデンが逃げたレースでレースは序盤スローで流れていました。
スワーヴリチャードは立ち遅れて後方からの競馬でしたが、レース中盤くらいから
一気に外から進出して4コーナーでは先頭。そのまま押し切ってしまいました。

このレース振りはヴィクトワールピサのドバイワールドCを思い出しましたねー。
去年のルメール&レイデオロのダービーもそうですが、
外国人騎手はリスクを恐れずに勝つために積極的な競馬をときにしてきますね。

G1を数多く勝てるのはこういう騎乗があるからだと再認識させられたレースでした。
日本人騎手も見習ってドンドン失敗を恐れないレースをして欲しいですね。

2着は差してきたペルシアンナイトが入りました。
前哨戦はダメでも本番で巻き返す典型的な馬です。
ただこれで次走人気になってダメというのもこういう馬のキャラです。
安田記念に出てきたとしても疑問視したいですねー。

3着はアルアイン。
堅実ですが勝ちきれない馬になってきていますね。
チャンスがあるとしたら宝塚記念ですかね。

人気のサトノダイヤモンドは見せ場なく7着敗退。
4歳勢の勢いに完全に負けてしまった感じ。
今年巻き返すのは厳しいのかなという印象を受けました。
天皇賞春ならまだ好走の期待は出来そうですが、今後のローテに注目です。

今後の展望

この1戦で4歳馬の頂点はスワーヴリチャードといった印象に変わりました。
レイデオロが国内で走ったらどうかというのもありますけどねー。

逆にサトノダイヤモンドを筆頭とする5歳以上の古馬勢は厳しい印象。
シュヴァルグランも天皇賞春で巻き返しできるでしょうかねー。
クリンチャー相手でも負けてしまいそうな気もしてきます。