桜花賞 レース展望その2[2018年]

レース展望

昨日は過去の桜花賞を振り返っただけで終了してしまいました。
今年のメンバーを少し見ていきたいのと、レース展望もあわせて。

レース展望

圧倒的1番人気になりそうなラッキーライラック。
不安があるとすれば桜花賞が完全な差し競馬になりやすいということでしょうか。

先行して勝ちきるにはアパパネやダイワスカーレットなど名牝と呼ばれる馬でないと厳しいです。
もちろんラッキーライラックが名牝級の馬かもしれません。
ただ魔の桜花賞ペースというのが過去言われたことがあるように、
先行して速いペースに巻き込まれて直線失速も考えられなくはないです。

馬券予想としてはラッキーが負けたほうが美味しいですからね。
2、3着あたりと予想してみても面白いと思います。

それでは逆転の目があるのはどの馬かとなると、、やはり差し馬。
さらにディープ産駒の差し馬ならなお心強そうです。

今年強力そうな差し馬は。。。

アーモンドアイ

シンザン記念から間はあいてしまいましたが、牡馬相手に勝ちきった内容は秀逸。
当然人気になるでしょうが、まだ底を見せていないパフォーマンスは不気味。
ロードカナロア産駒は初年度からクラシック勝利なるかも注目です。

アンコールブリュ

初戦は先行でしたが、2戦目以降は差しに脚質変更。
フィリーズレビューは2着に負けましたが直線の脚は際立っていました。
展開はまれば上位争い可能と見ています。ディープ産駒ですし。

トーセンブレス

阪神JFでは最速タイの上がりで4着。
フラワーCは負けましたがなんとか賞金を上積みで出走できるかもという状況
出走すればG1好走した経験もあり侮れないです。ただ騎乗がヨシトミ先生というのがなんとも微妙

気になる差し馬は上記3頭ですかねー。
当然レースが始まって展開で差しにまわった馬というのもいるかもしれません。
それも踏まえて有力馬しぼりたいですねー。
ディープ産駒の取捨がカギでしょう!