ジャスタウェイ【圧倒的本格化】 世界ナンバーワンになった馬

思い出馬

古馬になって本格化し、レーティングで世界1位も獲得したジャスタウェイ。
3歳クラシック路線ではイマイチ馬で終わるかと思いきや、
古馬になってからの圧倒的パフォーマンスはハーツクライ産駒の覚醒したときの強さを知らしめましたね。

シュヴァルグランなども古馬になってから強くなっていますし、
ハーツクライ産駒の成長パターンの一つですね。
こういったタイプの競走馬が種牡馬になってどういう産駒を出すのか楽しみです。

ちなみに知っている方は知っていると思いますが、
ジャスタウェイという名前の由来は銀魂のキャラです。
馬名を最初みたときにいい命名だなーと思いましたね。

※年齢表記は現代にあわせた表記にしています

勝ちきれない競馬が続いていた

新馬戦は新潟で上がり33.3をマークしての圧勝。
このレースを見て間違いなくクラシック候補だと感じたものです。

ですがその後は煮え切らないレースが続きます。
新潟2歳Sでは破格の上がり32.6で追い込むも2着。
年明けて3歳になってアーリントンCを勝ったものの、NHKマイルC、ダービーは惨敗。

秋は初戦となった毎日王冠で人気薄ながら2着に入りこみ天皇賞秋でも健闘といえる6着でした。
ただこのときはまだG1レースを勝ちあがるとは思いもしませんでしたね。

素質が花開いた4歳秋

年明けた4歳春は重賞を思うように勝てなかったこともあり
裏路線を進み続けていました、夏になって上がり最速での重賞2着が続き、
3歳時と同じく毎日王冠2着から挑戦した天皇賞秋。
ここでビックリするレース内容を見せてくれました。

当時最強牝馬だったジェンティルドンナを4馬身ちぎる圧勝劇。
伏兵扱いだったジャスタウェイでしたが本格化した瞬間でした。


ずっとレースを使い詰めだったのその後休養して、5歳初戦となった中山記念も危なげなく完勝。
そしてドバイに渡ってドバイデューティフリーを使ったジャスタウェイ。
ここでも後方から直線だけで世界の強豪を6馬身ちぎる圧勝劇。
今度は世界最強馬となった瞬間でした。

秋は凱旋門賞にチャレンジしましたが展開向かずに8着に負けてしまい。
その後の国内戦でもG1勝利はできずに引退。
最後のレースとなった有馬記念は脚を余した感じの負けでもったいなかったと今でも思います。

絶対観てほしいレース

ドバイデューティフリーは是非観てほしいレースですね。
後方から海外勢を一刀両断に差しきったレースは爽快感があります。

海外レースを勝った馬でのインパクトではジャスタウェイが一番でしょう。
今年デビューする産駒にも海外で活躍できるような馬がでてきて欲しいですねー。