桜花賞 回顧[2018年]

レース回顧

無敗でチューリップ賞を勝ったラッキーライラックが圧倒的な支持を集めていましたね。
未対戦で牡馬相手にシンザン記念を勝利してきたアーモンドアイが続く人気でした。

それではレースを振り返ります。

レース回顧

スタートはラッキーライラックが絶好の出足でした。
大きく出遅れる馬もいなくてペース自体はそれほど早くならなかったですね。

この時点で私の展開予想と違っていたのでやばいと思いました。
本命に期待したマウレアはほぼ予想通りの中団うしろあたりからの競馬でした。
アーモンドアイは後方からの競馬で末脚勝負に徹していました。

直線に向いてラッキーライラックが先頭に踊り出て押し切ろうかというところに
外からすさまじい末脚でアーモンドアイが差しきってしまいました。
ラッキーライラックもほぼ勝ちパターンの競馬でしたから石橋騎手はショックでしょうね。

上がり33秒台というすごい上がりで一気の差しきりを決めたアーモンドアイ。
休み明けがどうかと思いましたが問題なかったですねー。

ラッキーライラックは実力は出していますが一頭別次元の馬がいたという感じ。
3着以下は今回のメンバーでは太刀打ちできない印象を持ちました。

今後の展望

ロードカナロア産駒ということでアーモンドアイには距離不安が出てきそうですね。
ただ桜花賞のパフォーマンスはそのままオークスに直結することはあるので、
オークスに出てきたとしても軽視は禁物です。

ラッキーライラック、リリーノーブルは血統的な距離不安はなさそうですが、
ポテンシャルで少し遅れをとった印象に見えて桜花賞から逆転なるかどうかですね。

桜花賞は新勢力の種牡馬がワンツーを決めたのでディープ産駒、ハーツ産駒あたりから
何か新星が出てこないかも要注目したいです。