皐月賞 回顧[2018年]

レース回顧

予想記事はコチラ

し、失敗したー、予想記事をごらんの通り予想失敗しましたー。
まぁそれはよいとして、、ダノンプレミアムが回避で一転混戦模様となった今年の皐月賞。
馬場状態も雨が降ったことで重くなり、予想も難しかった印象です。
こんなときこそ穴狙いにシフトチェンジするべきなんですねー。

レース回顧

ジェネラーレウーノがいいスタートを切って、
道中はアイトーン、ジェネラーレウーノ、ジュンヴァルロが3頭並びで先行争いする珍しい展開。
もう少し固まった馬群でレースが進むと思っていたのでこれは意外でした。

人気どころの馬は後方で末脚温存策でしたが、これが完全に裏目でしたね。
4番手のエポカドーロは実質スローの単騎逃げのような展開で、
そのすぐ後ろにいたサンリヴァルも楽なペースだったのでしょう。

前3頭がやりあってくれたおかげでその後ろのグループは実質スローで流れて
行った行ったのレースになってしまいましたねー。
こういう穴馬券は中山、京都のG1でたまーに発生しますね。
ただこの展開を読みきるのは難しいです。

今回は人気のワグネリアンが差しタイプというのもこの展開を生んだ要因ですね。
これを受けてダービーはどうなるかダノンも復活してきますし面白そうです。

今後の展望

皐月賞組の各馬

エポカドーロ
皐月賞は展開がドンピシャにはまった印象です。
オルフェ産駒が初年度から牡馬クラシック勝つとは思いませんでしたが、
2冠まで持っていけるかというと半信半疑。
ダービーは正攻法でどこまで通用するかでしょう。
血統的にはダービー向きではない気がします。

サンリヴァル
皐月賞が一番の狙い目だった血統、戦績でした。
ダービー向きではないと思いますので、しばらくは馬券的には消しで問題ないかと。
ただ穴っぽい馬に育ちそうなのでどこかの大舞台でまた狙いたい馬ですね。
父ルーラーシップなので距離延長は問題なさそうです。

ジェネラーノウーノ
速いペースで先行して3着まで粘りこんだので地力は相当なもの。
ただダービー向きの脚ではないのでまた雨が降れば出番あるかもといった印象。
スクリーンヒーロー産駒の底力、大舞台での強さを改めて認識させられたので、
今後の成長が楽しみな馬でもありますねー。有馬記念に出て欲しい馬です。

ステルヴィオ
上がり最速タイで突っ込んできましたが3着争いにわずかに届かず。
ダービー向きかというと母父ファルヴラヴを見てしまうと、
いつでもG1掲示板止まりの馬なのかなーという感じもしてしまいます。
距離延長もそれほど歓迎ではないでしょう。どちらかといえば安田記念のがピッタシだと思います。

キタノコマンドール
キャリアが浅いながらも後方から追い込んで5着まで押し上げました。
姉のデニムアンドルビーもオークス3着、JC2着と府中2400mの大舞台で実績あります。
ダービーでも不気味な存在になりそうです。

グレイル
だいぶ人気を落としていましたが、上がり最速タイで6着。
ダービーでの好走も期待できる走りだったように思います。
母系をたどればレインボークエスト、シルバーホークの名前が見えて、
大舞台で大仕事をやってのけそうな血統背景は持っています。
ハーツ産駒の東京特性も生かせばダービーは面白そうです。

ワグネリアン
母系のブロードアピールが短距離系だったのでもしかしたら距離適正に疑問ありかもと思っていましたが、
重たい馬場になって体力不足が露呈してしまった感じです。
ダービーでの距離延長も歓迎ではないと思います。
よほどのスローペースでの末脚勝負にならないと厳しいと思います。

皐月賞組では7着までの馬にダービーでのチャンスありでそれより下は
ダービーでの上積みは厳しいのかなーという気がします。

別路線組

ブラストワンピース
今回の結果が混戦で終わったので別路線組みも注目です。
その中でもブラストワンピースはかなりのポテンシャルを秘めていそうです。
去年秋からハービンジャー産駒の躍進はすごいですしダービー取りもあるんではないでしょうか。

種牡馬の戦い

桜花賞がロードカナロア産駒、皐月賞がオルフェーヴル産駒と
クラシックを新種牡馬が勝ったことで時代の変わり目を見るようです。

ダービーではディープ産駒、ハーツ産駒の巻き返しか、それともハービンジャー産駒なのか。
今後の種牡馬争いを占う上でもダービーではどういう決着が待っているのか今から楽しみでしょうがないです!