どこよりも早いダービー展望 【大混戦を制するのは】[2018年]

レース展望

さて今度は皐月賞も終わったことですし、競馬の祭典、日本ダービー展望を早くもやってみたいと思います。
オークス展望はコチラ

オークス同様に皐月賞と直結するのがダービー。

しかし、今年は荒れた皐月賞となったのでダービーに直結するかは微妙な気がしています。
皐月賞を後方から追い込んで負けた馬がすんなり逆転してもおかしくないですね。

あと注目すべきはアーモンドアイの動向です。
管理する国枝調教師がダービーに行きたい意向をインタビューで言っていましたねー。
もし出てくれば、桜花賞の勝ちっぷりから1番人気争いをしてもおかしくありません。
ウオッカ以来のダービー制覇も充分ありえる素質を持っていますから
参戦したら盛り上がりそうですねー。

有力馬考察

ダノンプレミアム

皐月賞は回避してしまいましたがダービーで強い姿を見せて欲しいですね。
ただ距離的にマイル戦で強すぎる競馬を見せているだけに、
2400mをこなせるのかどうかがポイントでしょう。
地力はNo1だと思うのであっさり制覇してもおかしくないです。

エポカドーロ

皐月賞で親子制覇を成し遂げました。
前がひっぱってくれたおかげでエポカドーロ自身は実質スローだった皐月賞。
ダービーにつながる競馬だったかといわれると微妙なところ。
ただこの時期に一気に強くなることもある血統なので更なる成長があれば
2冠も見えてくるのかもしれません。

サンリヴァル

皐月賞が一番の狙いどころだっただけにダービーでは厳しい印象です。
もっとタフなレースになると脆いかもしれません。
思い切り良く逃げて後続に脚を使わせる競馬ができれば上位争いも。

ジェネラーノウーノ

皐月賞が休み明けだっただけにダービーでの上昇が期待できます。
血統的には府中より中山向きな感じはします。
こちらもタフなレースでスタミナが問われる展開が歓迎でしょう。

ステルヴィオ

皐月賞4着まで押し上げましたが、ダービーで更なる上昇があるかというと
少し微妙な感じといった印象を持ちました。
母父ファルヴラヴで大舞台では善戦止まりの馬なのでは

ブラストワンピース

ダービー一本に絞って調整してきて不気味な存在。
ハービンジャー産駒は去年モズカッチャンがオークス2着ですから、
府中も問題ありません。毎日杯の勝ちっぷりも鮮やかなので上位争いできるでしょう。

キタノコマンドール

キャリアが浅いなかで皐月賞5着は立派。
しかし、姉デニムアンドルビーの印象で考えるとG1では善戦が多くなりそう。
競馬っぷりから穴人気しそうですが、印象ほどの強さは感じませんね。

グレイル

ハーツ産駒で府中変わりは大歓迎。
皐月賞も上がり3Fは最速タイで能力あるところは見せています。
母系の血統はG1の舞台で大仕事やってくれそう。あとは展開向けば

ワグネリアン

皐月賞は案外な走りでこれ以上の上昇は厳しい印象を持ちました。
距離的にもダービーはギリギリ持つ範囲だと思うので、
人気になるようなら思い切って消しで勝負したいですね。

フランツ

去年3着のアドミラブルの近親で血統背景はほぼ一緒。
トライアルの走り次第ですが、ダービーの舞台は向いていそうですね。
アルメリア賞はレベル高かったと思うので出れれば穴で一考。

スーパーフェザー

あすなろ賞はエポカドーロから離された2着でした。
まだ500万下勝ちの身なので正直重賞クラスは厳しいかもですが、
成長してくれば面白い存在になるかも

ダノンマジェスティ

皐月賞馬アルアインの全弟。
スケールダウンの印象は否めないですがトライアルの走り次第。

最後の3頭は500万条件勝ち馬で注目したい馬でしたが全部ディープ産駒でした。
やはり層が厚いですねー。このウチ何頭がダービーまで進めるのか。

将来のリーディングサイヤー選考会

ダービーは毎年種牡馬選考会としても注目してレースを見ると面白いです。
去年はキンカメ産駒のレイデオロでしたねー。その前はディープ産駒。

今年は今後の種牡馬覇権争いの観点から見てもターニングポイントと見ています。
桜花賞がロードカナロア産駒、皐月賞がオルフェーヴル産駒。
新種牡馬がそれぞれ勝利したことで大幅なランキング入れ替えが今後起きてきます。

近年のダービー馬はディープ産駒、キンカメ産駒、ハーツ産駒と
リーディング上位種牡馬が勝ってきていますが、今年は世代交代ありそうですよね。

私の現在のところの本命候補1番手は。
 ◎ブラストワンピース 

毎日杯は完勝といった内容、東京2400mの経験ありで勝ちっぷりも鮮やかでした。
父ハービンジャーは去年秋にG1連勝で一気にトップ種牡馬の仲間入りを果たして勢いがあります。
皐月賞をスキップしたのは逆に好印象。
上位陣と未対戦なのでわからない部分もありますが、
レース振りからダービー馬になっておかしくないです。

ダービーまで時間はあるのでいろいろ想像して楽しむのも競馬の醍醐味!
青葉賞、京都新聞杯などのトライアル結果を見てからまた見解をアップします。