弥生賞 回顧【皐月賞はほぼ決まりか】[2018年]

レース回顧

ブログ初回が弥生賞回顧!
弥生賞は過去にも名馬が使ってきたレースですからしっかり見ていきたいです。

過去の弥生賞

直近では去年がカデナ(これはあんまり活躍せず・・・)
その前がマカヒキ(ご存知ダービー馬)
さらにその前がサトノクラウン(宝塚記念に香港ヴァーズ)
4戦4勝で皐月賞問題なしと見られて負けた馬にはロジユニヴァースがいます。
このときはハイペースになって完全な差し決着になった年です。

レース回顧

ダノンプレミアムとサンリヴァルが絶好のスタートから先行争いに。
サンリヴァルが先手をとってマイペースの逃げになりました。
ダノンプレミアムは早めにプレッシャーをかけて前を捕らえるレースぶり。
安定感抜群といった感じでこのメンバーでの勝負付けはすんだようにも見えました。
ジャンダルムも問題なく負かしたことからホープフルS勝ち馬タイムフライヤー相手でも問題なさそうです。

2着は最後差してきてワグネリアンが確保。
ダービー向きと思われるだけにきっちり2着に来たのは評価できそうです。
ただ母系ブロードアピールなので距離伸びてよいかはやってみないとわからなそうですね。

3、4着にはジャンダルム、サンリヴァルとホープフルS組み。
本番での逆転は厳しそうですが、トライアル好走で一定のメドは立ったといえます。
サンリヴァルはもし皐月賞できれば穴で面白い存在かもしれません。

今後の展望

弥生賞を見てダノンプレミアムで皐月賞問題なしと多くの人は思ったでしょうね。
ただ、もし負けるとするならば・・・乱ペースに巻き込まれたときでしょうね。
ロジユニヴァースの皐月賞のときも問題ないと思われながらも惨敗でした。

もしダノンがつぶれたときにそのとき勝ち馬としてあげられるのは差し馬、
それも欧州血統の入った重厚な血統馬が来ることになりそうです。
そうなると現在の他の有力馬候補は・・・
ワグネリアン    ・・・ 以外にスタミナ勝負には弱そう
キタノコマンドール ・・・ フェアリードール一族はG1だと2、3着のイメージ
タイムフライヤー  ・・・ ハイペースなら血統的にはピッタシ

ダノンがつぶれる想定ならタイムフライヤーが頭に来る予想でもいいですねー。
あとは紐に来る穴馬をこれからのトライアルでじっくり見定めていきたいです。
ステゴ産駒でいいのがいないですかねー。

追記、現在の皐月賞予想

◎タイムフライヤー
○ダノンプレミアム
▲サンリヴァル
最後きつくなってダノンが差される気がする。
そしてなんだかんだいっても先行馬要注意