チューリップ賞 回顧【桜花賞もほぼ決まりか】[2018年]

レース回顧

続いてチューリップ賞の回顧です。
チューリップ賞も名だたる馬がこのレースをステップにクラシックに向かっています。
負けた馬にも名馬は多いので要注目のレースですね。

去年はソウルスターリング、その前がシンハライト
さらにその前がココロノアイ。
G1に直結するレースだけに後のG1馬が多いです。
過去にチューリップ賞を無敗で制した馬がいるかどうかは記憶にないですねー。ジェンティルドンナ、アパパネといった牝馬3冠馬はこのレース負けているんですよねー

レース回顧

ラッキーライラックが先行して後ろに人気2頭リリーノーブル、マウレアがマークするような形。
直線になってもラッキーライラックは持ったままで余裕たっぷり。
じっくり構えて追い出すと後続はまったく追いつけずに完勝という内容。
2着にはクイーンCから巻き返してきたマウレア。
3着に阪神JF2着以来のリリーノーブルと阪神JFの上位3頭が独占。

今後の展望

弥生賞よりもチューリップ賞のラッキーライラックのほうが死角が少ないように見えました。
桜花賞はまだ未対戦のアーモンドアイ、プリモシーンがいますが、
ラッキーライラックのほうが現時点では上のように映ります。
よほどのことがなければ桜花賞も問題ないでしょう。

距離が伸びるオークスも問題ないように思いますし、このまま2冠とってもらいたいですね。
オルフェ産駒は初年度産駒から大物輩出!
当たり外れは大きい印象ですが、G1で勝負になる産駒を出せるというだけでも価値は高いと思います。

クラシック種牡馬について

ディープ産駒は当然のようにクラシックに複数送り出してきますねー。
オルフェ産駒はラッキーライラック以外の活躍に期待。
ハーツ産駒もタイムフライヤーがいます。
キンカメ産駒はいまのところこれといった馬はいないのかな。
かわりにロードカナロア産駒からアーモンドアイが桜花賞へ。
ルーラーシップ産駒は春は脇役的な馬が今年も活躍してくれそう。
どの種牡馬がクラシックを勝つかも注目して考察していきたいですね。

追記、現在の桜花賞予想

◎ラッキーライラック
○リリーノーブル
阪神JFから勢力図は変わっていなそう。
オークスは逆転がある気がするけどね。