天皇賞春 レース展望[2018年] G1が1頭で混戦模様

レース展望

古馬中距離路線の王道、天皇賞春です。
しかし、大阪杯のほうに行く馬が増えてしまっていて、
今年のメンバー構成は少し寂しい感じになってしまいました。

せめてサトノダイヤモンドあたりには出てきて欲しかったですねー。
長距離レースは血統予想の真骨頂となるのでバシッと予想決めたいですね。

過去の天皇賞春

去年はキタサンブラックが人気に応えた形でしたが、
それより前はどちらかといえば荒れた結果が多いですね。

オルフェーヴルの惨敗、ゴールドシップ、キズナも圧倒的人気で負けていたりします。
穴馬はカレンミロティックの2年連続の激走、ビートブラックの単勝万馬券が記憶に新しいところです。

そして注目すべきはディープ産駒はまだ未勝利というところですね。
有力馬の出走もサトノダイヤモンド、キズナとそれなりにあるものの勝てていません。

今年は中心馬が不在といっていい混戦模様。
大荒れ想定で馬券を組み立ててみてもいいレースですね。

有力馬の分析

シュヴァルグラン

去年2着ですから今回のメンバーでは実績上位といっていいでしょう。
しかし気になるのはハーツ産駒の京都G1での勝ちきれなさですが、
先行できるようになったハーツ産駒は本格化の証なので問題ないかもしれません。

それでも大阪杯で良いリズムが崩れてしまった感じなのは気がかりです。
きちんとステップレースから天皇賞春の流れなら絶対的存在になれただけに
ローテーションが不安材料になるでしょう。

レインボーライン

阪神大賞典で改めて長距離適正の高さを示しました。
菊花賞2着の実績もあるように京都G1は問題ないです。むしろ待っていましたという感じすらあります。

去年は惨敗してしまいました一回り成長した今年はリベンジありますね。
雨で馬場が渋ればなお良いタイプだけに週中の雨は歓迎です。

ガンコ

日経賞勝利で完全に本格化してきました。
ステイゴールド系統なので長距離戦は当然歓迎するところ。

ナカヤマフェスタ産駒というマイナー血統が良いですね。
勢いで馬券圏内まで好走して欲しいです。

クリンチャー

阪神大賞典では負けてしまいましたが、
京都記念ではアルアイン、レイデオロを破る大金星をあげていますから侮れません。

菊花賞2着があるように京都競馬場のほうが向いている馬なのは確か。
さらに血統的にChief’s Crownが入っているのは京都で特注です。
といっても、マイネルキッツの印象が強く残っているだけなんですけどねー。

サトノクロニクル

去年の秋、G1戦でもまれた経験が生きてくるかもしれません。
ハーツ産駒だけに長距離戦は当然問題なし。
あとはG1でこれるだけの実力がついてきているかでしょうね。

混戦模様で人気はかなり割れてきそうですねー。
大穴というより中波乱くらいでおさまりそうな印象です。

ハーツ産駒が大量出走してきますので待望の京都G1勝利の可能性は高いと感じています。
取り上げませんでしたがチェスナットコートも面白そうですし。