天皇賞春 ハーツクライ産駒は京都G1勝てないのか

レース展望

今回の天皇賞春で出走予定のハーツクライ産駒は以下の通りです。

シュヴァルグラン
チェスナットコート
サトノクロニクル
カレンミロティック
ピンポン

京都G1ではハーツクライ産駒が勝ちきれないとは言うものの、
2着は複数の馬が入ってきており、勝つのも時間の問題では?
というのが個人的見解です。

それでも有力馬が多いのに天皇賞春を勝ちきれていないのは不思議ですねー。
ディクタスの流れを汲むステイゴールド産駒が多く勝利しているのとは対照的です。

このデータだけみるとステゴ産駒レインボーラインに目が向いてしまいそうですが、
今年こそハーツ産駒の出番の年と思います。
中山でG1勝てないだろうと言われながらも去年のホープフルSではタイムフライヤーが勝利しました。

ハーツ産駒が京都G1で相性悪いという記事をみるたびに逆をつきたい気持ちになりますねー。
あと昔から天皇賞春は若い馬のほうが強いイメージを持っています。
今年は最強4歳世代が駒が豊富ですから、サトノクロニクル、チェスナットコートにチャンスありでしょう。