天皇賞春 レース予想[2018年] 荒れる結果となるのか

レース予想

展望記事はコチラ
その1
その2

天皇賞春予想

◎チェスナットコート
○サトノクロニクル
▲トーセンバジル
△クリンチャー
×レインボーライン

チェスナットコート

重賞で通用したハーツクライ産駒は格上げ条件でも問題なく突き抜けてきます。
日経賞好走でハーツ産駒の成長曲線に当てはまっている。

長距離戦なので騎手も大事。ベテラン蛯名なら期待できる。
母系にミスワキが入っているの近年の天皇賞春に必要なスピード補完になっていそう。

今回も人気薄だが激走の条件はそろっている!
4歳世代からまたトップホース候補となれる馬とみて本命にします・

サトノクロニクル

去年の秋にG1戦線で揉まれた経験がここ一番でいきてきそう。
コチラも長距離戦は問題ないハーツ産駒。
阪神大賞典の走りができれば問題ないですし、京都競馬場のほうがむいていそう。

トーセンバジル

こちらも京都は得意条件、重賞未勝利ですが力は今回のメンバーなら上位扱い。

その他

クリンチャーは京都記念で金星をあげたように京都巧者。
力を出せば上位争いできそうだが馬場がしぶるのが条件になってきそう。
武豊騎手の代役、三浦騎手がどういった乗り方してくるかも注目

レインボーラインは阪神大賞典で力を見せたが、
こういったタイプは前哨戦からパフォーマンスあげないと見てこの評価
それでも掲示板ははずさないか。

消した馬について

シュヴァルグラン

大阪杯からのローテが気がかり。ボウマン騎乗は心強いですが、
トリッキーな展開になりがちな京都で戸惑うシーンがもしかしたらあるかも。

ガンコ

ナカヤマフェスタ産駒がいきなりG1で来るイメージがないという勝手な理由。
これで来たら恐れ入りましたですね。

アルバート

長距離適性あるがG1では用無しタイプとみて消し。

総括

なんだかんだいっても4歳馬が今年の競馬を作っていくとみて4歳馬中心にしてみました。
シュヴァルグランはここで走らずどこで来るといった感じですが、
リズムはあまりよくないと思うのでどこまで巻き返してくるかですねー。