金鯱賞 回顧[2018年]

レース回顧

大阪杯の重要ステップレースとなった金鯱賞を回顧します。
次なるG1戦への前哨戦と考えるとG2時代の大阪杯に近いのかもしれません。
今年のメンバーはスワーヴリチャード、サトノダイヤモンドが参戦で豪華メンバーといってよいメンバーでしたね。

レース回顧

サトノノブレスが先行策をとって道中はかなりのスローペースに落としました。
途中2番手のスワーヴリチャードにつつかれましたが、
スローに落として最後まで粘りとおして2着確保とは恐れ入りました。
同厩のサトノダイヤモノドの影に隠れた形で人気薄でしたね。

人気のスワーヴリチャードは2番手から先頭をじっくり見て最後の追い出しもギリギリまで待ってのもの。
完勝といっていい内容で今後のG1戦に向けて視界良好といった感じですね。
ただ右回りでこのパフォーマンスが出せるのかというのもあります。
この勝利で1番人気はほぼ確実でしょうか。
ハーツクライ産駒旋風がこの春起きるかカギを握っていそうです。

人気のもう一方のサトノダイヤモノドは最後伸びてきたものの3着まで。
ただこの1戦を使っての変わり身はあるでしょうし、本番はもっと上位に迫ってくると思います。
距離的に2000mは以外と走れていない印象なのですが、どういった競馬を見せてくるか鞍上ルメールも含めて注目です。

今後の展望

おそらく大阪杯は今回のスワーヴリチャード、サトノダイヤモノドがなんだかんだいって中心でしょうねー。
そこに皐月賞馬アルアイン,マイルCSを勝ったペルシアンナイトが迫れるか。
古馬になっての成長という意味ではウインブライト、ダンビュライトの2頭も気になるところです。
かなり面白いメンバーになりそうでワクワクしますねー