フィリーズレビュー回顧【このメンバーは直結しなそうだが】[2018年]

レース回顧

フィリーズレビューの回顧です。
ゴール前大混戦の内容になりました。

レース回顧

ゴール前の大混戦のなか抜け出したのはリバティハイツ。
1勝馬なので伏兵扱いでしたが、キンカメ×Dubawiという良血馬。
終わってみれば勝ってもおかしくない血統だったかなーという感じでしたね。

後方からの競馬となったアンコールブリュが2着に入って。
オルフェーブルの全妹となるデルニエオールが3着に入り権利確保
もう一回レースやったらまったく違う結果になると思わせるレース内容でした。

それでも終わってみればリーディング1位、2位、3位のディープ、キンカメ、ステゴでワンツースリーですから、
血統というのは面白いですねー。種牡馬の勢いそのままのレース結果でした。
ダイワメジャー産駒、ロードカナロア産駒はイマイチ振るいませんでした。
こういう血統で買えばよい配当のレースを取れるチャンスはあるんですが、
ひねった予想してははずしてしまいます・・・。

今後の展望

毎年フィリーズレビュー組は少し桜花賞に向けてのステップとしては弱いと思っていましたが、
去年はここで3着のレーヌミノルが本番優勝。
ただ本番につながるのは数十年に1回あるかないかというところ。
チューリップ賞組みが上位なのは間違いないと思います。
ただ今日の結果を受けて種牡馬の戦いという意味では興味深いですね。

新興勢力の種牡馬産駒

ラッキーライラック オルフェ産駒
リリーノーブル   ルーラーシップ産駒
アーモンドアイ   ロードカナロア産駒

既存勢力の種牡馬産駒

マウレア      ディープ産駒
プリモシーン    ディープ産駒
アンコールブリュ  ディープ産駒
リバティハイツ   キンカメ産駒

今年は既存種牡馬の勢力図を変えることができるかどうか試されてくる気がします。