天皇賞春 回顧[2018年] 久しぶりのG1勝利

レース回顧

予想記事はコチラ

G1馬一頭のみと少し寂しいメンバー構成になりましたが、
レースは見ごたえのある接戦になりましたね。
天皇賞春を回顧します。

レースの振り返り

勝ったのはレインボーライン。岩田騎手の久しぶりのG1勝利となりました。
得意のイン突きが復活した勝利となりました。
15年のレッツゴードンキ以来というのは意外でしたね。
その間G12着は何回かありましたが、これで流れが変わってくるかも。

中団あたりの位置からゴール前でスルスルと抜け出してきて、
気づいたら内から差しきってゴール。
去年の天皇賞秋で3着があったように力はあるところはこれまで見せていましたが、
完全に本格化ですね。ステイゴールド産駒だけにこの後の更なる成長にも期待です。

2着は2年連続でシュヴァルグラン。
早め早めの競馬で受けてたつ競馬でこれで差されたらしょうがないという競馬っぷりでした。
本命馬として堂々とした競馬で改めて力のあるところを示しました。
G12勝目とはならなかったですが、今回の競馬を中距離線でも展開できればといった感じ。

3着にクリンチャー。
京都記念で強豪を倒した実績をG1の舞台でも発揮。
やはり京都は走りますね。この後G1クラスではあっている舞台がなさそうですが、
忘れたころの一発に今後も注意したい馬です。

メンバー構成は今後のG1でも通用するかといわれると半信半疑になってしまいますが、
上位に入った馬は京都大賞典など京都の重賞では警戒しておきたいですね。

自分の予想振り返り

本命チェスナットコートで惨敗です。
直線では外から伸びるかもというところもありましたが、最後は地力の差がでましたね。
まだ4歳ですし今後の成長に期待したいところでした。