ヴィクトリアマイル レース展望[2018年] 4歳馬が中心で好レース必至

レース展望

春の牝馬No1決定戦として定着してきたヴィクトリアマイルです。
去年のクラシックで中心だった4歳馬が出走してきて好レースになりそうです。

人気もある程度バラけそうですが中心となるのはリスグラシュー、アエロリットあたりでしょう。
ソウルスターリングも実績を考えると巻き返してきておかしくないです。

過去のヴィクトリアマイル

去年はアドマイヤリードが勝って、2着も大穴デンコウアンジュで大波乱。
3連単で2000万越えの大波乱がでたのもヴィクトリアマイルです。(2015年)
大荒れを狙ってみても面白いレースなのがヴィクトリアマイル。

血統的にはディープ産駒の好走が目立ちます。
フジキセキ産駒も好走多いですが、もう産駒ほとんどいませんしね。

あとはリピーターレースではあるので過去に好走した馬は近走不振でも平気で巻き返してきます。
アドマイヤリードは今年も要注意です。
当然デンコウアンジュも警戒しておいて損はないでしょう。

有力馬の分析

リスグラシュー

東京新聞杯で牡馬相手に完勝した力を発揮できれば最有力ですね。
阪神牝馬特別は負けましたがトライアルとしては上々の内容。
本番を見据えた良い負け方で本番のここは逆転可能でしょう。

東京適性、マイル戦適性を考えたら人気でも逆らいづらい馬ですね。
ハーツクライ産駒は去年のシュヴァルグラン勝利から勢いがついてきている印象です。
リーディング2位争いをステイゴールドと争っていますが、ここらで差をつけたいところ。

アエロリット

牡馬相手の中山記念で2着好走。
去年のNHKマイルCを勝っており舞台適性もあります。
そつなく先行できる脚質が武器で、ペースは遅くなったほうが向きそうです。

クロフネ産駒は過去にホエールキャプチャが好走しているように
ヴィクトリアマイルに向いている血統といえると思います。

ミスパンテール

連勝で阪神牝馬特別も勝利。
ただ楽な展開が向いての勝利でそこまで評価はできないですね。
ダイワメジャー産駒の舞台適性もよくない印象があるので、
あっても掲示板までという評価です。

レッツゴードンキ

最近はスプリント戦での好走が多い同馬。
去年のヴィクトリアマイルも負けてしまっているので難しいところです。
もともと桜花賞勝ちがあるのでマイルは問題ないのですが気性的に今は厳しいかも。

アドマイヤリード

去年の勝ち馬でヴィクトリアマイルでもそこまで負けていません。
末脚勝負にかければまだまだG1レースでも上位争いはできるでしょう。
大舞台に強いステイゴールド産駒ですから連覇の可能性は充分ありえます。

ソウルスターリング

去年の秋から牡馬相手の中距離路線にチャレンジしましたが、
跳ね返されてしまいましたね。それでも牝馬同士になれば実績上位。
東京コースは向いている条件のはずで巻き返しはあるでしょう。
人気がどれくらいになるか読めないですが、馬券的な妙味ありとみています。

4歳の上位グループがこぞって出走してくる今回は大荒れを狙うのはムリな感じがします。
トライアルレースで最近の調子なども踏まえて中心にする馬を選択したいですね。