オークス レース予想[2018年] 順当な決着となるのか

レース予想

桜花賞の結果をうけて2強対決のムードとなっているオークス。
そこに第三の勢力としてサトノワルキューレが加わった形ですね。

アーモンドアイ、ラッキーライラックともに能力は抜けているのは確かですが、
3歳牝馬には苦しいレースといわれる府中2400mなのでどの馬も距離適性については未知数です。

比較的人気馬の信頼度は高いレースですが、今年はどうなるでしょうか

レース予想

◎ リリーノーブル
◯ サトノワルキューレ
▲ トーセンブレス
△ レッドサクヤ
× アーモンドアイ

本命はリリーノーブル!
桜花賞はラッキーライラックに迫る競馬で距離延長で逆転の目があると見ました。
アーモンドアイは別格だったのでしょうがないですが、
馬券圏内の信頼度ではこの馬が一番高いと思います。

ルーラーシップ産駒なので距離延長はまったく問題なし。
惜しい競馬が続いて重賞勝ちがまだないですがここで頂点に立つ。

相手筆頭はサトノワルキューレ
フローラSの内容は見所ありでオークスでも即通用とみました。
ディープ産駒で長くいい脚を使うので東京の舞台は適性バッチリです。

3番手にはトーセンブレス。
母系は短距離向きで、血統だけみたら即切りしたいですが、
ペースが落ち着いて末脚勝負になれば出番あり!

レッドサクヤは桜花賞からの巻き返しを期待
アーモンドアイはきたらしょうがないですが、押さえておきます。

ラッキーライラックは母系から距離延長に不安を持ったので消してしまいます。
マウレアも少し足りない印象があるので消し。

総括

リリーノーブル勝利での中波乱くらいを予想しています。
ペースが落ち着いたらまたまたディープ産駒の独壇場になるかもしれませんねー。