オークス 回顧[2018年] 安定した能力で2冠達成

レース回顧

予想記事はコチラ

レースの振り返り

サヤカチャンが一頭逃げていましたが、2番手以降はスローで
よくあるオークスペースだった感じです。

人気馬が前々でレースを進めました。
リリーノーブルは積極的な競馬でこれで差されたらしょうがないという内容でした。
ラッキーライラックは距離適性が微妙に長かったのかも
そして、アーモンドアイの地力は1枚以上上でしたねー。
この内容ならダービーでも好勝負できていたのではないでしょうか。

新種牡馬ロードカナロア、オルフェーヴルはトップホース級を初年度から輩出なので、
世代交代を種牡馬勢力図は今後変わってきそうですね。
ルーラーシップもG1での見せ場が増えてきてポストキンカメ争いも激化してきそうです。

各馬の今後

アーモンドアイ

同世代の牝馬には敵なしという感じ。
秋は3冠を取りにいくんでしょうかねー。
凱旋門賞チャレンジして欲しいですが、適性ないかもしれませんし。
天皇賞秋に参戦でも盛り上がりそうです!

リリーノーブル

今回も惜しい競馬で2着、アーモンドアイとの地力の差は感じましたが、
それ以外の牝馬相手ならトップクラスです。
秋華賞も引き続き条件は向きそうなので最後の1冠で雪辱なるかどうか。

ラッキーライラック

世代トップクラスの評価だったのもアーモンドアイの出現で2番手筆頭に。
これからも石橋騎手とのコンビで勝負していって欲しいですねー。
秋の秋華賞はオルフェ産駒の成長力でどこまでアーモンドアイに迫れるかでしょうか。

桜花賞、オークスから新興勢力の台頭はなかったですね。
秋はオルフェ産駒あたりで新星がまた出てきて欲しいですねー。
レーヴドリーヴが夏以降楽しみな存在として注目しています!