ダービー 回顧[2018年] 悲願のダービー制覇、

レース回顧

予想記事はコチラ

レースの振り返り

無敗のダノンプレミアムが抜けた人気となったダービー。
堅いレースという認識が多いダービーなので
世代トップの無敗馬に人気が集まりました。

2番人気にはブラストワンピースと皐月賞組より間隔があいた別路線が評価されていましたね。
すこし例年とは違った人気構成だった感じです。
ここらへんも荒れた結果になった要因となった気がします。
なんだかんだいっても皐月賞組が強いというのを印象づけた内容でした。

レースはエポカドーロが逃げて淡々とした流れ。
直線は団子状態で混戦になりました。
勝ったワグネリアンは後方ではなく好位からの競馬。
福永騎手が勝ちに行く競馬を見せてくれましたね。
ここでも後方から末脚勝負にしていたら惨敗していたでしょうねー。

それでは有力馬についての見解です!

各馬の今後

ワグネリアン

世代頂点に立ちましたがどんな条件でも問題ない王者というよりは、
条件が限られたときに来るというイメージです。
今回は福永騎手のファインプレーでしょう。

菊花賞は強気になれないでしょうねー。
体力勝負になったらコロッと負けてしまいそうです。
狙い目は天皇賞秋、ジャパンカップといったとこでしょう。
展開もできればスローペース希望といった感じです。

エポカドーロ

まさか逃げるとは思いませんでしたが、最後まで粘りとおして2着確保。
皐月賞馬としての力を証明しました。
オルフェーヴル産駒は成長力ありそうなので秋はさらに強くなっていそう。
距離延長も問題ないと思うので菊花賞で雪辱する可能性は高いです。

先行できるのが一番の強み。古馬との力関係はまだわかりませんが、
どんな条件でも好走できるのはエポカドーロのほうでしょうねー。

コズミックフォース

この激走はまさかといった感じでしたねー。
買い要素は父キングカメハメハの血統ぐらいしかないです。

ダービーはたまによくわからない馬が3着で穴を空けますねー。
キンカメ産駒は少ない産駒ながらやはりポテンシャルは高いです。

エタリオウ

ステイゴールド産駒も実質ラストクロップ。
最後も存在感を見せたクラシックとなったのではないでしょうか。
こちらも秋以降の成長が楽しみな馬です。
善戦マンらしい戦績で渋い活躍を今後もしてくれそうです。

ブラストワンピース

現在の地力の差でしょうかねー。
ただ競馬内容はわずかな差だったので今後の成長次第では頂点も目指せるのでは。
母系にフジキセキが入っていたのでクラシックはすこし厳しかったのかもと考察しています。

ダノンプレミアム

距離がすこし長かったですかね。
直線も窮屈な競馬でもし前が開けていたらという競馬でもありました。
ポテンシャルの高さは弥生賞完勝からも確かです。
マイル近辺がベストな条件なんでしょうねー。

種牡馬的な観点で観るとディープ産駒->オルフェ産駒->キンカメ産駒。
と決着したのでリーディング上位種牡馬強しの決着でした。
オルフェーヴルが風穴をあけたので新種牡馬ロードカナロアも含めて、
来年以降のクラシック戦線はさらに面白くなってきそうです。

ステイゴールド産駒もまだまだ健在アピールしていました。
ハーツクライ産駒が案外な結果となりましたね。