安田記念 レース展望[2018年] 中距離王者が参戦

レース展望

ダービーも終わって一区切りとなった中央競馬
それでも新馬戦も始まりますし、新たなスター馬誕生に向けて動き始めます。

安田記念に今年は中距離王者のスワーヴリチャードが参戦。
血統的には距離短い気もしますがどうなるでしょうかねー。

過去の安田記念

ここ2年は結構荒れていますねー。ただその前は3年連続で1番人気が勝っています。
ただ相手も順当な結果になることはほぼないので、荒れる想定で予想してよいレースと思います。
10番人気以下の馬が激走することもしばしば、最近で特に記憶に残っているのはグランポリボスですねー。
G1馬で実績ありながらも安田記念好走時は不思議と人気がガタ落ちしているタイミングでしたね。

血統的にはディープ産駒の好走もありますが絶対的ではない感じ。
意外とスプリンタータイプが3着に入ってきたりもしますねー。
サンデー系でも重たい馬がきたりもします。(ダンス産駒とか)
ペース次第なので展開読みも重要になりますね。

有力馬の分析

スワーヴリチャード

初めてのマイル戦になります。能力的には現在トップの位置にいるのは間違いないですが、
クラシックディスタンスを走ってきた馬のマイル参戦は2着負けなどもあるかなと思っています。
過去にはディープスカイなんかも走っていましたがNHKマイルCで実績ありましたからねー。
不安要素のほうが大きいような気がするので本命まで打てるかとなると微妙です。

サングレーザー

去年のマイルCSで3着、そしてマイラーズC快勝なのでマイルG1制覇に一番近いと思っています。
福永騎手もダービー制覇で勢いがありますのでG1連勝もあるかも。
血統的にもディープ産駒で舞台適性はバッチリ。

ペルシアンナイト

中山記念で一回使った変わり身で大阪杯好走。
しかし、戦績にムラがありアテにしづらい面があります。
詰め甘な部分があるので今回も2、3着なイメージです。]

アエロリット

ヴィクトリアマイルは負けてしまいましたが、
牡馬混合のNHKマイルCを買っているので不気味。
パワー系の血統なので厳しい流れのほうが向きそうです。

サトノアレス

去年勝ったサトノアラジンに比べるとスケールダウンのイメージを持っています。
ディープ×デインヒルでパワー系なので厳しい流れなら台頭してきそう。

リスグラシュー

同じ舞台の東京新聞杯を勝っているので舞台適性あります。
マイル戦のほうが確実に向いているので連続好走の期待は高まりますが、
G12着がこれだけ多いとまた2着ではという懸念を持ちます。

人気どころの扱いが難しいレースですねー。
スワーヴリチャードは初マイルに戸惑わなければ順当に勝ちそうです。