安田記念 回顧[2018年] 連闘でのG1勝利

レース回顧

予想記事はコチラ

レースの振り返り

直線では先行したアエロリット、直後のスワーヴリチャードが叩きあうなか、
外からサトノアレスが一気に前を捕らえきりそうな勢い。
しかし中ほどから進路があいたらモズアスコットが一気に突き抜けましたね。

アエロリットは牡馬相手に健闘といえる2着。
大阪杯を勝ってきたスワーヴリチャードは3着でしたが力は示しました。

各馬の今後

モズアスコット

連闘というきついローテながらポテンシャルを発揮して勝利!
賞金が足りずに出走自体ができなかったかもしれない状況でしたが、
チャンスを見事にものにしましたねー。陣営の調整も見事だったと思います。

新星マイル王となりましたがスプリンターズSでも好走できそうな馬。
今後の路線選択が注目です。
フランケル産駒はソウルスターリングがこの春イマイチでしたが、
新たなスター馬誕生で種牡馬としての日本での需要も高まりそうです。

アエロリット

ヴィクトリアマイルでは精彩を欠きましたが、持ち前の先行力で2着。
牡馬相手でも好走できるのはNHKマイルCで実証済み。
秋以降もマイル路線でしょうが、G1勝ちきれるところまでは今後もどうか。
1800m戦がベストな印象も持っているので府中牝馬Sは鉄板か。

スワーヴリチャード

初マイル戦を考えればよく走っているといえます。
やはりペースなどを考えると1600mは適性範囲外だったということでしょう。
秋はジャパンカップがやはりベスト条件。天皇賞秋も当然好走必至。
中距離戦で巻き返して年度代表馬争いまでいけるかどうか

サトノアレス

大外から一気に突き抜けるかと思いましたが、最後届きませんでした。
マイル戦なら上位の実力ですが、G1になると今後も厳しいのかも。
東京競馬場がベストなので意外に天皇賞秋でも面白いのかも。

サングレーザー

重賞勝利の勢いで頂点までいけるかと思いましたが力足りずでした。
しかし秋のマイルCSのほうが条件は向きそうで巻き返しに期待ですね。

春G1はあと宝塚記念が残っていますが、これで一息といった感じですね。
モズアスコットの誕生でマイル路線も世代交代といった感じです。
全体的に4歳馬が強い印象となった春G1シーズンでした。

早速新馬戦が始まっていますので、来年のダービー馬候補を毎週探してみます。