夏競馬の楽しみ方 新馬戦の見方、重賞予想

コラム

夏競馬真っ盛りですね。
2歳戦も始まっており、来年のダービーへ向けた争いも始まっています。
それでも競馬界において夏競馬はちょっとクールダウン。
主力な馬は北海道に戻って放牧されていたりとシーズンオフ間がありますよね。

そんな夏競馬をどう楽しむかをすこし考えてみたいと思います。

2歳戦をチェックしてこれからの馬を探す

夏競馬はなんといっても2歳戦でしょう。
馬券的にはどの馬から買えばよいかわからず困ったものですが、
将来のG1馬の初勝利を見れるかもしれないのも2歳戦の醍醐味。

近年のダービー馬のデビュー日です。
ワグネリアン    07/16
レイデオロ     10/09
マカヒキ      10/18
ドゥラメンテ    10/12
ワンアンドオンリー 08/04

今年のダービー馬ワグネリアンは7月デビューでしたね。
既に未来のダービー馬がデビュー済みかもしれませんよ。

また新種牡馬の動向を知るのも2歳戦からです。
早めに傾向をつかんで未来のリーディング候補を探すのも楽しみのひとつです。

重賞予想

夏競馬の重賞に出てくる馬はメインの馬ではないので、
春秋開催に比べてしますとスケールダウンしてしまうのはしょうがないです。

だからこそ穴馬券が出やすくなるのも夏競馬!
先日の七夕賞でもメドウラークが勝って大穴がでましたよね。

思わぬ激走馬を見つけていつもと違った馬券戦略で楽しむのもいいと思います。