古馬戦線に目を向けてみよう。有力馬不在か

コラム

古馬の有力馬を整理してみましょう。

といっても、キタサンブラックが引退後の古馬戦線は混戦も混戦。
どの馬がチャンピオンか微妙な状態ですね。
天皇賞・春を勝ったレインボーラインは引退。
宝塚記念を勝ったミッキーロケットはこれまでの戦績から主役級の感じがしません。

大阪杯を勝ち安田記念で2着だったスワーヴリチャードが暫定チャンプですが、
絶対王者の風格・雰囲気は感じないですねー。

ダービー馬レイデオロ、今週の札幌記念で復活するマカヒキもピリッとしません。
どの馬が秋の主役になるかはまだ全然わからないですねー。
3歳馬が中距離路線参戦で盛り上げてくれるかもしれません。