2018年2歳世代のリーディング ディープの足音が聞こえてきた

2歳リーディング, 種牡馬コラム

前回の記事

2歳リーディングを確認するなら以下サイトが一番いいです!
2歳リーディング

今週も2歳リーディングをチェックしてみたいと思います。

夏競馬もそろそろクライマックスですね。すでにダービー馬候補はデビューしている可能性もありますが
秋競馬からは本格的に来年のクラシックを狙う馬たちのデビューが始まりそうです。

ランキングをざっくり見てみる

順位名前出走頭数勝ち馬勝利数賞金勝ち馬率
1ジャスタウェイ2878106,319,0000.25
2ロードカナロア379996,100,0000.243
3キンシャサノキセキ345694,677,0000.147
4ディープインパクト24111194,300,0000.458
5ブラックタイド276687,540,0000.222
6ダイワメジャー204575,761,0000.2
7ルーラーシップ306674,800,0000.2
8ヴィクトワールピサ207762,400,0000.35
9ノヴェリスト263350,396,0000.115
10ハービンジャー293349,350,0000.103

上位陣トップ3は変わらずですが、勝ち上がりもない状態でした。

その一方でディープ産駒が3勝をあげてトップを狙える位置まで一気に賞金を詰めてきました。
来週の結果次第では一気にトップに上がってきそうです。
勝ち馬率も反則的ともいえる数値になっています。さすがリーディングサイアーといった感じ。
この後も素質馬のデビューが控えていますし、一旦トップにたったらそのまま独走されそうです。

トップ10の変動が少ない週でしたねー。
そんな中ノヴェリストがトップ10入りはびっくりしました。

これまでそこまで活躍馬を出しているとはいえないノヴェリスト産駒
2年目の今年は正念場ですね。重賞級の馬が出てきて欲しいところです。

トップ10より下ではスクリーンヒーローが特別戦のクローバー賞勝利でランクアップ。
ナカヤマフェスタが2勝で目立っていたくらいですかねー。

今週のジャスタウェイ産駒

勝ち馬なしなので取り上げる産駒はないのですが、ヤマカツルビーが未勝利戦2着でした。
この馬も次戦あたりで勝ち上がってきて欲しいところですねー。

今週のディープ産駒

なんとなく気になったディープ産駒をピックアップしておこうと思い立ちました。
産駒数多すぎなので気になった馬だけになりますが、備忘録的にも

シェーングランツ

デビュー戦はいいところなく5着に負けていましたが、
折り返しで順当に勝ち上がり、姉はあのソウルスターリングで世界的な良血馬。
名牝スタセリタにディープインパクトですから欧州で走ってもおかしくないですよね。

次走が楽しみですねー。いきなりの重賞挑戦でもいいでしょうし、
ちょっと休んで条件戦から駆け上がっていくのもいいと思います。
目指すは年末のホープフルSでしょうか。