2018年2歳世代のリーディング ロードカナロアが首位盤石の体制に

2歳リーディング, 種牡馬コラム

前回の記事

2歳リーディングを確認するなら以下サイトが一番いいです!
2歳リーディング

今週も2歳重賞がありました。
2週連続でロードカナロアが勝利とハービンジャーの躍進となりました。
来週から秋競馬も本格的に始まり素質馬のデビューもあります。
ディープがここから年末までにロードカナロアをまくれるのか。
今年はここが2歳リーディング争いのポイントになりそうです。

ランキングをざっくり見てみる

順位種牡馬名出走頭数勝利頭数勝利回数入着賞金勝馬率
1ロードカナロア38911170,668,0000.237
2ジャスタウェイ3389119,169,0000.242
3キンシャサノキセキ3689117,477,0000.222
4ハービンジャー3157112,391,0000.161
5ディープインパクト281212104,900,0000.429
6ブラックタイド287795,340,0000.25
7ヴィクトワールピサ269989,312,0000.346
8ダイワメジャー234586,311,0000.174
9ルーラーシップ356684,100,0000.171
10ノヴェリスト305573,096,0000.167

ロードカナロアが2週連続で重賞勝利と絶好調。
賞金差もだいぶ開きました。
勝ち馬が多く安定して走るのが強みですね。
すでにキンカメと同等の活躍できる見込みはありそうです。

2位はジャスタウェイがなんとかキープ。
キンシャサノキセキとの差はわずかです。

重賞とオープン特別勝利のハービンジャーが4位にランクアップ。
さすが洋芝だと強いですね。秋開催以降も活躍できるかどうか。

ディープは秋競馬でエンジンがかかってくるでしょう。
どこで荒稼ぎしてくるか要注意。

ヴィクトワールピサは札幌2歳Sで賞金稼げると思いきや不発。
チャンスをモノにできないあたりがもう一息なんでしょうねー。