2018年2歳世代のリーディング ディープが迫ってきている

2歳リーディング, 種牡馬コラム

前回の記事

2歳リーディングを確認するなら以下サイトが一番いいです!
2歳リーディング

今週も大きな変動はなかったです。
これくらいの時期になると上位陣はほぼ変わって来ないですねー。
重賞がある週に順位が下の種牡馬があがってくることはありそうです。

ランキングをざっくり見てみる

順位種牡馬名出走頭数勝利頭数勝利回数入着賞金勝馬率
1ロードカナロア441012189,768,0000.227
2ジャスタウェイ441011149,011,0000.227
3ディープインパクト341616138,948,0000.471
4ブラックタイド371011138,758,0000.27
5キンシャサノキセキ40910131,304,0000.225
6ダイワメジャー2768120,843,0000.222
7ハービンジャー3668120,491,0000.167
8ルーラーシップ3788107,926,0000.216
9ヴィクトワールピサ329996,062,0000.281
10ハーツクライ337893,847,0000.212
11ノヴェリスト337792,846,0000.212
12エイシンフラッシュ366675,272,0000.167
13ゴールドアリュール247767,800,0000.292
14ヘニーヒューズ335567,044,0000.152
15オルフェーヴル355561,350,0000.143
16パイロ255557,971,0000.2
17ヨハネスブルグ185557,100,0000.278
18スクリーンヒーロー182354,360,0000.111
19クロフネ224451,450,0000.182
20ダンカーク276650,650,0000.222

ロードカナロア、ジャスタウェイに関しては今週は賞金上積みは少なかったですね。
それでも上位2頭は安定しています。
手駒もそれなりにそろっているので年末までこの差をキープできるか。

そして、そうこうしているうちにディープが3位に急上昇。
勝ち鞍は2勝で勝ち馬率は反則気味の数字です。
これだけ手駒がそろってくると1位に返り咲きは時間の問題な気がします。

ブラックタイドは芙蓉Sをミッキーブラックが勝ってランクアップ。
まさかキタサンブラックが出る前はこんなに活躍できる種牡馬とは思わなかったですね。
キタサン効果が出てきた2歳戦の好調ぶりです。

ハーツクライがトップ10に食い込んできました。
重賞級での活躍次第ではもっと上位にきそうです。

ダート種牡馬はゴールドアリュールとヘニーヒューズが13位あたりで競り合っています。

今年のオルフェーヴル産駒は果たして大物が潜んでいるのでしょうか。
去年の活躍馬ラッキーライラック、ロックディスタウンはともに8月デビューでした。
そろそろめぼしい勝ちっぷりの馬が出てきてほしいところ。