2018年2歳世代のリーディング 熾烈な3位争いになりそう

2歳リーディング, 種牡馬コラム

前回の記事

2歳リーディングを確認するなら以下サイトが一番いいです!
2歳リーディング

ディープインパクト、ロードカナロアの1位、2位はほぼ確定でしょうか。
勝ち馬頭数、現状での賞金差を見ても安定な気がします。

一方熾烈になってきそうなのは3位争いですねー。

ランキングをざっくり見てみる

順位種牡馬名出走頭数勝利頭数勝利回数入着賞金勝馬率
1ディープインパクト582324262,952,0000.397
2ロードカナロア561416233,068,0000.25
3ルーラーシップ451113177,750,0000.244
4ジャスタウェイ491113176,315,0000.224
5ブラックタイド441112157,304,0000.25
6キンシャサノキセキ481112154,104,0000.229
7ハービンジャー45810144,441,0000.178
8ダイワメジャー3479143,243,0000.206
9ヴィクトワールピサ371112123,293,0000.297
10ノヴェリスト4299116,060,0000.214
11ゴールドアリュール301011105,820,0000.333
12ハーツクライ3889104,197,0000.211
13ヘニーヒューズ4288102,544,0000.19
14エイシンフラッシュ426690,884,0000.143
15オルフェーヴル517789,833,0000.137
16スクリーンヒーロー275684,060,0000.185
17ヨハネスブルグ217769,500,0000.333
18サウスヴィグラス217869,123,0000.333
19クロフネ314465,828,0000.129
20パイロ265563,301,0000.192

ディープ、ロードカナロアは特別な動きはなし。
このまま年末まで順位をキープしそうです。

3位にあがってきたのはルーラーシップ。
もみじS勝利が大きかったですねー。
キンカメ後継者争いはロードカナロアに譲った感はありますが、
まだまだこれから伸びてきそうです。
ディープ孫産駒がいまいち伸びてこないなか、キンカメは上位で安定してきている印象です。

ジャスタウェイはアドマイヤジャスタの勝利があったもののランクダウン。
ただアドマイヤジャスタは奥がありそうで重賞クラスでも有力なのではないでしょうか。
牝馬のアウィルアウェイ、そしてヴェロックスもオープンクラスの馬でしょう。
ここらへんが賞金稼いでくれば、ルーラーシップに競り勝てるかもしれません。

そこから下も横一線なので重賞での活躍があれば一気にあがってこれそうです。
ダート戦が増えてきたのでゴールドアリュールが順位をあげてきていますねー。

またランク外にはなり産駒数も少ないですが、エスポワールシチーの勝ち馬率がかなり高いですねー。
もう少し産駒数が多ければ面白い存在だなーと思いました。