2018年2歳世代のリーディング 上位陣は安定してきた感

2歳リーディング, 種牡馬コラム

前回の記事

2歳リーディングを確認するなら以下サイトが一番いいです!
2歳リーディング

ロードカナロアが4勝をあげてディープに迫っています。
重賞勝利のアドバンテージがあるのでこうなるとトップ争いは面白くなるかもしれません。

3位以下は大混戦というのは変わらずです。

ランキングをざっくり見てみる

順位種牡馬名出走頭数勝利頭数勝利回数入着賞金勝馬率
1ディープインパクト632425278,852,0000.381
2ロードカナロア711820267,268,0000.254
3ルーラーシップ501416196,550,0000.28
4ジャスタウェイ551113184,665,0000.2
5キンシャサノキセキ501213161,104,0000.24
6ブラックタイド481112159,404,0000.229
7ダイワメジャー3579145,768,0000.2
8ハービンジャー46810145,741,0000.174
9ノヴェリスト4499127,824,0000.205
10ヴィクトワールピサ401112127,743,0000.275
11ゴールドアリュール351112119,678,0000.314
12ハーツクライ43910115,897,0000.209
13ヘニーヒューズ431010115,344,0000.233
14オルフェーヴル5599106,783,0000.164
15エイシンフラッシュ447796,384,0000.159
16スクリーンヒーロー316793,760,0000.194
17パイロ275675,304,0000.185
18ヨハネスブルグ217773,550,0000.333
19クロフネ354472,260,0000.114
20サウスヴィグラス217871,173,0000.333

ディープは1勝にとどまったため、差を詰められてきました。
1位、2位はこれからの重賞戦線をどれだけモノにできるかになってきそうです。

ルーラーシップが3勝あげて3位争いから一歩抜け出し。
ただ差はわずかなので重賞で一気にひっくり返りはありそう。

来週のアルテミスSはダイワメジャーのこの世代の大物候補グレイシアが登場。
ランクアップなるか注目ですね。