2018年2歳世代のリーディング トップ争いと3位以下の争いが面白い

2歳リーディング, 種牡馬コラム

前回の記事

2歳リーディングを確認するなら以下サイトが一番いいです!
2歳リーディング

すこし詰め寄られていたディープですが、シェーングランツのアルテミスS勝利で突き放しました。
それでもロードカナロアも大物候補サートゥルナーリア登場で面白くなってきました。
年末に向けてどれだけ重賞勝利できるかでトップ争いは決着しそうです。

ランキングをざっくり見てみる

順位種牡馬名出走頭数勝利頭数勝利回数入着賞金勝馬率
1ディープインパクト672628326,098,0000.388
2ロードカナロア731922297,593,0000.26
3ルーラーシップ521416198,950,0000.269
4ジャスタウェイ591113191,765,0000.186
5キンシャサノキセキ511314175,804,0000.255
6ダイワメジャー371214172,768,0000.324
7ブラックタイド511213169,504,0000.235
8ハービンジャー49810153,591,0000.163
9ヴィクトワールピサ411213140,121,0000.293
10ノヴェリスト491010136,644,0000.204
11ハーツクライ461112130,997,0000.239
12ヘニーヒューズ481212129,794,0000.25
13ゴールドアリュール371112119,678,0000.297
14オルフェーヴル5999116,433,0000.153
15スクリーンヒーロー316798,660,0000.194
16エイシンフラッシュ487797,684,0000.146
17クロフネ374487,166,0000.108
18サウスヴィグラス2791086,673,0000.333
19ワークフォース446784,729,0000.136
20ヨハネスブルグ217777,350,0000.333

ディープはシェーングランツの勝利でトップ独走。
ロードカナロアも通常ならリーディングですが相手が悪すぎます。

一方の3位争いですがこちらは動きなし。
今週の京王杯2歳Sにジャスタウェイ産駒のアウィルアウェイが出るので、
結果次第では来週逆転もありそうです。

ダイワメジャーが5勝の固め打ちでランクアップ。
2歳戦に強いところを見せつけました。
グレイシアは不発に終わったので大物という点では乏しい状況ですが、
コンスタントに勝ちあがっている印象。