2018年2歳世代のリーディング ホープフルSで4位争いが決着

2歳リーディング, 種牡馬コラム

前回の記事

2歳リーディングを確認するなら以下サイトが一番いいです!
2歳リーディング

さて残すところはホープフルSのみです。
激戦の4位争いがどうなるか注目ですね!

ランキングをざっくり見てみる

順位種牡馬名出走頭数勝利頭数出走回数勝利回数入着賞金勝馬率AEI
1ディープインパクト924619853683,311,0000.52.79
2ロードカナロア1063222738502,723,0000.3021.78
3ダイワメジャー522314429405,250,0000.4422.92
4ルーラーシップ821820221287,042,0000.221.31
5キンシャサノキセキ642120324273,367,0000.3281.6
6ハービンジャー781419717268,854,0000.1791.29
7ブラックタイド662016921265,894,0000.3031.51
8ジャスタウェイ811319015255,497,0000.161.18
9ハーツクライ772116023253,782,0000.2731.24
10ヘニーヒューズ642417425244,427,0000.3751.43
11ヴィクトワールピサ581715420232,798,0000.2931.51
12オルフェーヴル851419114196,223,0000.1650.87
13ゴールドアリュール631712618185,168,0000.271.1
14スクリーンヒーロー46912210181,986,0000.1961.48
15ノヴェリスト591116013175,871,0000.1861.12
16エイシンフラッシュ691218513159,738,0000.1740.87
17キングカメハメハ33107711154,929,0000.3031.76
18クロフネ5271387143,900,0000.1351.04
19ダンカーク561116113142,974,0000.1960.96
20パイロ40813610128,972,0000.21.21

top3はほぼ確定なので特にいうことなしですね。
ロードカナロアがサートゥルナーリアで最後のG1を勝てるかどうかでしょう。
ディープ産駒もヴァンドギャルドがひかえています。

注目は4位争いですね。
それぞれの種牡馬からホープフルSに有力馬を送り込んでいます。
ちょっと見て見ましょう。

ざっくりホープフルSの馬コメント

ニシノデイジー

勝ち馬率が低いハービンジャー産駒がランク争いできたのはこの馬のおかげです。
ホープフルSを勝てば4位に入るのは間違いなし。
実績No1ですが、騎手と勝ちっぷりの地味さで人気になりにくいです。
ですが勝負強さはピカイチです。
母系にセイウンスカイの名が見えるのが血統派からすると嬉しい限り。
がんばってほしいです。

ブレイキングドーン

勝ち馬率もそれなりによくて今年の2歳リーディングは健闘したヴィクトワールピサ。
ですが重賞戦線ではジュエラーで注目をあびて以降はパッとしていません。
牡馬の大物がまだいませんが、ここらで久しぶりの重賞勝利とともにクラシック候補が欲しいところ。
勝てばトップ10に入り込みますから、来年の種付け数にも影響してきそうですね。

アドマイヤジャスタ

新種牡馬ジャスタウェイ産駒です。
重賞勝利はまだですが、種牡馬のポテンシャル的にはいつ勝ってもおかしくなさそうです。
勝ち馬率は低く、後半リーディング争いでは失速した印象ですが、
重賞クラスの産駒はチラホラでているので、ここでも期待です。

ミッキーブラック

同じ舞台で勝利しているのは強み。
ブラックタイド産駒なので京都よりは中山向きでしょう。
人気が落ちるようなら狙い目になってきそうです。」