3歳クラシックの展望 牝馬戦線を占う

コラム

大阪杯が今週ありますが、早いものでその次には桜花賞が待っています。
ここ最近は3歳馬の動向チェックもおろそかにしていたので、
レースを見ながら3歳牝馬戦線を占ってみます。

桜花賞馬、オークス馬をピックアップしていきたいですね。
今年はヴィクトワールピサ産駒が好調なので、血統的な注目馬もおさえておきたいです!

桜花賞に向けて

ダノンファンタジー

新馬戦こそグランアレグリアに負けましたが、その後は連勝街道。
チューリップ賞も横綱相撲で勝利で断然の本命馬といった感じ。

血統的にもディープ産駒で文句なし。
本命党は喜んで本命にできる安心の馬です。
隙らしいところもないので普通に考えたら桜花賞はこの馬でしょうか。

グランアレグリア

牡馬相手に果敢に挑戦しましたが負けてしまいました。
新馬戦でダノンファンタジーに勝っているので素質はピカイチ。
ただぶっつけで勝てるほど甘くないと思いますが。。。モノが違う可能性も。

クロノジェネシス

バゴ産駒の大物候補ですが、本番では少し軽視したい存在。
末脚の爆発力はありますが、不器用なタイプではないかなと。

ビーチサンバ

個人的な桜花賞候補一番手
前走は位置どりの差での負けなので本番を見据えるといい負け方をしています。
素質は間違いないですし、クロフネ産駒の上級馬はいいリズムのときはなかなか崩れません。

エールヴォア

実はオークス候補かなーとにらんでいます。
母系にトニービンが入っているという理由だけですが、
できれば桜花賞スキップしてオークストライアルいってほしいですねー。

シェーングランツ

姉にソウルスターリングがいますが、スケールは少し落ちますかね。
叩き2戦目と考えると走りそうですが、どうでしょうか。

アクアミラビリス

この馬も素質は感じさせる走りをしていますが、上位陣との力関係が不明
ヴィクトワールピサ産駒でいうとジュエラーがいますが、
同じくらい出世できるかもしれません。

ラヴズオンリーユー

出てくれば一発ありそうな素質を秘めています。
兄は海外G1も制覇したリアルスティールがいます。
フラワーCで3着のランブリングアレーに勝っていることからも重賞級の器なのは間違いなし。
騎手にもよりますが注目しておいて損はないです。

ルガールカルム

今年はロードカナロア産駒からはこの馬です。
アネモネS組は毎年厳しい結果が待ち受けていますがどうでしょう。

ノーブルスコア

惜しい競馬続きで人気にならなそうですよね。
こういった馬の一発も警戒したいのが桜花賞です。

オークスに向けて

コントラチェック

フラワーCの走りから距離はマイルより長い方がよいと陣営が判断したのでしょう。
オークスに向けて調整されていくのでローテーション的には桜花賞組より余力があるかも。

まずは桜花賞ですが、毎年のようにディープ産駒が来るので切り捨てられないところ。
それでも勝つのはディープ産駒以外がいいなーと個人的には思っています。
応援したいのはビーチサンバですね!