桜花賞 回顧[2019年] 圧倒的スピード女王の誕生

レース回顧

ダノンファンタジー、グランアレグリアの頂上決戦となった桜花賞。
伏兵陣も個性的で面白い予想ができた今年の桜花賞。

レース結果はご存知の通りですので、各馬のレース内容、今後の展望を見て見ます。

各馬の今後の展望

グランアレグリア

桜花賞で4コーナー先頭で勝ち切るスピード感。
これはキョウエイマーチを思い出す勝ち方でしたね(古い!)

距離適性的にはオークスは微妙に長そうな印象で、秋華賞なら大丈夫そう。
陣営がこの先どういうローテで行くか注目ですね。
休み明けで今回勝ちましたが、最近のG1では休み明けの割引きはそんなに必要ないですね。
それでも来週のサートゥルナーリアの扱いも困ったことになりそうです。

シゲルピンクダイヤ

末脚全開で2着に今回も押し上げてきました。
G1で穴馬に乗せると怖い和田騎手の好プレーでもありましたね。
名前的に人気になりにくいですが能力は高いです。

血統的に母系をみればオークスも大丈夫そうですが、
そこはダイワメジャー産駒なので適距離ではないでしょう。
今後もしぶとい活躍を見せてくれる馬になってきそう。

クロノジェネシス

ちょっともったいない3着でしたね。
前が壁になってなかなか追い出せなかったロスが響きました。
それでも能力が高いのは改めてみせてきたのでオークス最有力ではないでしょうか。
あとは北村友騎手の成長があれば。

ダノンファンタジー

そつなく乗ってそこそこに負けたといった感じですね。
阪神JFのように腹をくくって乗ったらまた違った結果だったかもしれませんが、
1番人気で冒険するほど川田騎手も肝がすわっていなかったのかも。

やはり勝つためにどう乗るのかは重要な要素なのだと改めて感じた着順ですね。
オークスは力勝負では足りない気がするので、後方一気でくれば巻き返せるのでは。

ビーチサンバ

ここらへんがクロフネ産駒の限界といった感じの5着。
オークスで上積みがあるとも思えないので、NHKマイルに向かった方がよいのでは。
福永騎手もそつなくのってそこそこに負けたといった印象ですねー。

プールヴィル

阪神JFくらいは走っているので能力は出し切っていると思います
もう少し距離は短い方がよいので1200mを使って行くのも面白そう。
夏競馬の短距離戦線に向けて充電して秋スプリント路線にいってほしいですねー。

エールヴォア

中距離馬が桜花賞で負ける典型的なパターンのような気がしました。
オークスでゆったり走れればもっと着順はあげてきそうです。
豊作といわれたヴィクトワールピサ産駒もG1となると上位争いできていませんが、
母系から東京向きと思いますし、オークスの特注馬としておきましょう。

まとめ

オークスに向けてといった観点で回顧すると、クロノジェネシス、エールヴォアが面白そうですねー。
忘れな草賞を勝ったラヴズオンリーユーも相当強そうです。
あとはフラワーC勝っているコントラチェックもいますね。

全馬が無事にオークスまでいってくれればすごく盛り上がりますね。
残りのトライアルで新星がでてこないかも注目して見てみましょう。

去年の回顧

桜花賞 回顧[2018年]