皐月賞 レース展望[2019年] 【無敗の皐月賞馬なるか】

レース予想

今年はトライアルの弥生賞がいまひとつレースレベルに疑問がつくメンバー構成でした。
そのため、別路線組が人気の中心になりそうですね。
近年で重要ステップとなってきた共同通信杯組。そしてホープフルSを勝ったサートゥルナーリア。
この馬たちをどう評価するかがポイントになります。

過去の皐月賞

以下は去年からの引用・抜粋です。

皐月賞を勝つ馬は前走で2着以内に入っていることがほとんどですねー。
勝ち馬をさかのぼると10年前のキャプテントゥーレが弥生賞4着からの巻き返しで勝利しています。
2着もドゥラメンテが共同通信杯2着から勝ったのみでそれ以外はすべて前走1着でした。
3着までの馬をみても前走大敗からの巻き返しはあまりないというデータですねー。

今年の皐月賞は

中心は無敗でホープフルSを制したサートゥルナーリア。
レース内容もまだまだ余裕が感じたので中心となるのは納得です。
それでも休み明けは大幅な割引ですよね。ここをどう見るかがポイントでしょう。

相手筆頭はダノンキングリー
共同通信杯は抜群の切れ味で2歳王者アドマイヤマーズに勝ちましたが。
東京向きの末脚といった印象。中山でごちゃついたときにどうなりますかねー。

3番手がアドマイヤマーズ
朝日杯で桜花賞馬を子供扱いしていますから能力は非常に高いです。
あとはダイワメジャー産駒というところをどう見るか。
デムーロが積極策で競馬するかも注目でしょう。

皐月賞予想

◎アドマイヤマーズ
○アドマイヤジャスタ
▲ニシノデイジー
△クラージュゲリエ
△ブレイキングドーン
△サートゥルナーリア

アドマイヤマーズ

一番レベルが高かった朝日杯FSのレース内容を単純に評価しました。
共同通信杯は試すような乗り方でダノンキングリーに差されたものの力負けの印象はありませんでした。
父ダイワメジャーでも皐月賞を勝っているデムーロ鞍上なら特性を理解しているはず。
積極策で4コーナー先頭くらいの勢いで競馬すれば一番持ち味が発揮されます!
先週の桜花賞でもシゲルピンクダイヤきてますし、ダイワメジャー産駒が今はトレンドとなっていると思うので期待します。

アドマイヤジャスタ

この馬も速い脚がないので、ある程度ペースが流れて力比べになって欲しいところ。
そういった意味だとG1の方がパフォーマンスが上がるタイプと思います。
アドマイヤマーズに引っ張られる感じで上位争いできそう。
母系からスタミナを引き継いでいますから乱ペースになったら頭もあるかも。

ニシノデイジー

地味なので人気になりにくいですが、弥生賞は1番人気でしたね。
負けたことで人気が落ちたらまたズドンと一発ありそう。
血統的にも母父アグネスタキオンは去年サンリヴァルが好走しています。
母系にセイウンスカイが見えるのでこれも応援したくなりますね。
勝浦ジョッキーは大チャンスなので思い切った騎乗をして欲しい!

クラージュゲリエ

共同通信杯はだいぶ離されましたが、ポテンシャルはG1でも好勝負できると思います。
一瞬の脚は皐月賞の方が向いていそうな感じもあります。
うまいこと捌ければ上位争いしてきそう。横山典ジョッキーの手腕にも注目

ブレイキングドーン

大穴で面白い存在。母父ホワイトマズルなので人気がないときこその馬。
堅実タイプなので流れに乗れればといった感じはありますが、こういう馬がしれっと来たるするんです。
父ヴィクトワールピサがクラシック戦線でそれほど活躍馬だせていないので不安ですが、
穴狙いするなら一考の価値ある馬です。

サートゥルナーリア

特にいうことはないです。
オッズ的には買うべきではないですが、アドマイヤマーズ→サートゥルナーリアの馬単なら
そこそこオッズつきそうなので押さえの押さえといった感じ

消した馬について

ダノンキングリー

東京向きと思うので皐月賞では消し。
4、5着に負けてもらってダービーで巻き返しという感じを予想しています。
ディープ産駒が皐月賞を若干苦手にしているのもあるので消して妙味あり。

まとめ

皐月賞は毎年ペースはそこそこ流れると思うので、そうなったときに来そうな馬をチョイスしました。
サートゥルナーリアは勝たれたらそれこそ3冠馬級の名馬になる可能性がありますね。
どういう結果になるのか、まずは当日晴れて良馬場でやってもらいたいですねー。