皐月賞 回顧[2019年] 【新たな種牡馬時代の幕開け】

レース回顧

レース結果

結果はいつもの通りご存知ですよね。
休み明けながらサートゥルナーリアが完勝といっていい内容で1冠を手にしました。
着差はわずかでしたが力量差ははっきりわかる結果となりましたね。

ヴェロックス、ダノンキングリーも差はわずかなのでダービーで逆転の可能性もありそうですが、
いまのところはサートゥルナーリアが抜けている印象です。

それでは各馬の今後の展望を見てみましょう。

今後の展望

サートゥルナーリア

強いの一言!外からねじ伏せるように勝ったのももちろん。
休み明けでのパフォーマンス、レース運び、センスどれをとっても一級品ですね。
正直他馬との勝負付けは今回でハッキリついたように思います。
あとは他路線から新星が出てくるかですが、これもピンとくる馬が思いつきません。

ダービー、菊花賞の3冠ローテでいくのか、もっと大きい舞台を目指すのか。
アーモンドアイに続き、2年連続で怪物級の名馬を輩出したロードカナロアもすごいですね。
次期リーディングサイヤーはほぼ確実でしょう。
大きな転換期となる今年の競馬になるのを予感させます。

ヴェロックス

ジャスタウェイ産駒がホープフルSに続きG1で2着。
まだ産駒の重賞勝ちはないですが、G1でも勝負になるということで馬産地には大きなアピールポイントとなったのでは。
重賞を勝つのも時間の問題ですね。

ヴェロックス自身はアドマイヤマーズの外から重戦車のように襲い掛かった感じです。
直線でもかわされそうでしぶとくくらいついていました。
勝ち馬が強すぎただけでヴェロックスも相当強いです。
個人的には菊花賞があっているのかなーと思っています。
ジャスタウェイ産駒の代表馬としてまずは重賞勝ち、そしてG1取りと行って欲しいです!

ダノンキングリー

今回も高いパフォーマンスを見せての3着。
しかし、3着になってしまうのがディープ産駒が皐月賞を苦手と言われるところですね。
ダービーは末脚を生かせるので向いていると思います。
巻き返してくる1番手はこの馬でしょう。                                                                                          

アドマイヤマーズ

行きっぷりもよくなかったですし、早めにヴェロックスに競りかけられたのもきつかったです。
それでも4着に残したので自力は高いです。
NHKマイルCに行けばグランアレグリアとの対決が楽しみになりますね。

まとめ

ダービーはサートゥルナーリア一強!!
これは間違いないところですね。下手に逆らってもしょうがない気がします。
ヴェロックスが相当早めの競馬をするとか、重馬場になるとか。
何か展開のまぎれがないと逆転できないと思います。

種牡馬の戦い

ロードカナロア産駒が2年連続でクラシックホースを送り出しています。
ジャスタウェイ産駒も台頭してきていますし、新時代を感じる今年の皐月賞でした。
ディープ産駒が3着、ダイワメジャー産駒が4着、キンカメ産駒が5着というのも
これからの種牡馬リーディングを示唆しているような結果な気がしました。

去年の回顧

皐月賞 回顧[2018年]

予想記事はコチラ

皐月賞 レース展望[2019年] 【無敗の皐月賞馬なるか】