ダノンプレミアム 幻の皐月賞馬・大阪杯馬

リアルタイム馬

今更になりますがダノンプレミアムの今後の活躍を考えてみます。

血統からの考察

血統的には距離延長はそれほどよくない印象です。
圧倒的なスピード感で先行して抜けだすレーススタイルですので、
2000mまでが適距離でしょう。ダービーで負けているように2400mの体力勝負は不向きですね。

母系からもそんなにスタミナ豊富には見えません。
順調に使えていれば今頃マイルから2000mのレースは無双していたかもですねー。

あと取れるG1タイトルは?

マイラーズC出走後は安田記念のようですね。
順調なら問題なくタイトルゲットしそうですね。

種牡馬に向けて国内で欲しいタイトルはあと2000m級のG1になりますね。
秋は天皇賞・秋→香港というローテでもいいかもしれません。

種牡馬としての期待値

ディープインパクト産駒からの後継種牡馬は今の所パッとしない印象です。
キンカメはロードカナロアが早々と結果を出して次期リーディングサイヤー間違いなしな感じです。

そんな中ダノンプレミアムはディープ産駒の後継としての期待値は高いですね。
レースで見せるスピード感が伝わればマイル近辺で強い産駒がたくさんでてくるのではないでしょうか。